search
とじる
トップ > 社会 > 『部下にしたい』No.1は竹内涼真 上司を制するには“あざと可愛さ”が有効?

『部下にしたい』No.1は竹内涼真 上司を制するには“あざと可愛さ”が有効?

pic pic

竹内涼真

 18日、『東京で働くビジネスパーソンの疲れ』に関する調査結果が発表された(養命酒製造株式会社調べ)。都内で働く20〜59歳のビジネスパーソン1000人を対象に調査した結果、8割の人が“疲労を感じている”ことが判明。男女別に見ると、女性のほうが疲れを実感していることが分かった。

 さらに同調査では『もし部下なら、疲れを忘れて何度でも優しく教えちゃうと思う有名人は?』という質問も投げかけられた。その結果、女性部門で1位を獲得したのは、女優の広瀬すず。2位に女優の新垣結衣、3位に女優の石原さとみと若手女優陣が並んだ。バリバリと仕事をこなすというよりも、“明るい”“素直そう”な女性が人気のようだ。

 一方、男性部門の1位は、俳優の竹内涼真だった。やはり、あの爽やかさと可愛い笑顔で、女性票を獲得したということなのだろうか。ちなみに2位には俳優の松坂桃李、3位には俳優の山崎賢人がランクインしている。

 竹内といえば、“あざと可愛い”俳優としても知られている。実際、2017年10月に発売された女性ファッション誌「ar(アール)」の『あざと可愛い男子』特集に登場し話題となった。同紙面で、ソファの上で小さく体操座りをしながら上目遣いする竹内の姿に、ファンは悶絶したようだが、一方で「あの上目遣いやめてほしい」「男らしさが感じられない」「男にぶりっ子は求めてない」という批判的なコメントが多く寄せられていた。現在も、竹内のインスタグラムには、上目遣いの自撮り写真が多数見受けられる。

 今回の調査結果で分かった通り、疲れたビジネスパーソンが求めているのは、竹内のように“癒し”をくれそうな部下だということだろう。日々プレッシャーと戦いながら働く人にとって、『ぶりっ子でも良いから、素直に返事をしてくれたり、ニコっと笑ってくれる部下のほうが良い』というのが本音なのかもしれない。

 ちなみに、同調査では『上司に言われて疲れが倍増したセリフ』のランキングも発表された。1位になったのは「常識でしょ/当たり前でしょ」というセリフ。次いで2位「前にも言ったよね?」、3位「まだ終わらないの?/仕事遅いね」、4位「そんなことも出来ないの?」、5位「やる気あるの?」という結果に。『すみません…』としか返答しようがないような皮肉交じりの言葉に、現代のビジネスパーソンはストレスを感じているようだ。

 やはり、多少あざとくてもいいから“癒しを求めている人が多い”ということだろう。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ