search
とじる
トップ > その他 > 「2016秋 宮沢模型展示会」が開催! 話題の『ユーリ!!! on ICE』の商品もいくつか公開される

「2016秋 宮沢模型展示会」が開催! 話題の『ユーリ!!! on ICE』の商品もいくつか公開される

 1日、「2016秋 宮沢模型展示会」が都内で開催され、各メーカーが業者向けに最新フィギュアやプラモデルを展示した。

 今回大きくスペースを割いて商品をアピールしていたのが、2017年にアニメ放送が決定した「フレームアームズ・ガール」の商品だ。同シリーズはコトブキヤのオリジナルシリーズのプラモデルで、2015年5月より展開を開始した。同社オリジナルコンテンツとしては初のアニメ化となる。

 同シリーズの魅力を担当者は「カスタムの幅の広さ」と語る。同商品は、各部の複数の3ミリ径の穴に複数のオプションパーツを差し込むことで、自分だけのフレームアームズ・ガールを作ることができる。

 現在はシリーズ累計50万個突破するヒット商品となっているが、そのヒットの理由の一つとして同担当者はユーザーの発信力の強さをあげる。同シリーズは現在オプションパーツの種類は100種類以上あり、様々なフレームアームズ・ガールをユーザーがTwitterなどで公開しているという。その口コミでのヒットがかなり大きいようだ。

 またネットといえば、放送後は毎週Twitterなどで大盛り上がりとなっている男子フィギュアスケートを扱ったアニメ『ユーリ!!! on ICE』があるが、同イベントでは放送開始から期間が短いということで、フィギュアなど大型商品の展示はなく、キーホルダーなどの小物グッズの公開のみとなっていた。

 ロシアのフィギュアスケート選手・エフゲニア・メドベージェワもSNSで注目していると明かした同作だが、テレビ朝日系での放送とはいえ、放送時間が深夜2時以降という遅い時間帯ということもあり、放送前はそこまで注目度は大きくなかったようだ。会場を訪れていたショップ関係者も「はじめは、主題歌をディーン・フジオカが歌うというくらいしか認識がなかった」と語る。しかし女性人気が高いアニメだけあり、女性スタッフは敏感に反応したようで、同作のキャラクターホビーを公開していた、あみあみの担当者は「うちの場合は、放送が始まった直後から女性スタッフが、話題になっていると商品化をプッシュしていました」とコメントした。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


その他→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

その他→

もっと見る→

注目タグ