増殖中“妹分アイドル”のメリットとデメリット

アイドル 2016年01月24日 13時00分

増殖中“妹分アイドル”のメリットとデメリット

 福岡を拠点に活動する6人組アイドルグループ「ばってん少女隊」のメジャーデビューが決定! 世間的にはほとんど無名の彼女たちだが、1月17日、東京・お台場のヴィーナスフォートで催されたイベントには、約1000人のファンを集めている。その背景には、あの国民的アイドルグループの存在が…。

 昨年9月、インディーズシングル『ばってん少女。』をリリース。地元・福岡を中心にファンを増やしている、ばってん少女隊。スターダストプロモーション福岡営業所のレッスングループ、通称「F-girls」がその前身だ。つまり、ももいろクローバーZの妹分グループにあたる。来たる4月のメジャーデビュー前から、東京で1000人規模のイベントを成功させた背景に、ももクロの存在があるのは言うまでもない。

 同じスターダストプロモーションに所属する“ももクロの妹分”としては、「エビ中」の愛称で親しまれる私立恵比寿中学、名古屋在住メンバーで結成されたチームしゃちほこ、関西を拠点とし、ばってん少女隊と同様、今春のメジャーデビューを発表しているたこやきレインボーなどがある。また、これらのグループを輩出してきた育成ユニット・3B juniorも、広義ではももクロの妹分とも言える。さらには、スターダスト所属の男性タレントによるアーティスト集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)内のユニット、超特急やDISH//なども「ももクロの弟分」として紹介されている。

 知らぬ間に増え続ける妹と弟に、さすがのももクロメンバーも「私たちは一切認めていません」「この子たち、妹分だったんだ」と苦笑いの状態だ。

 妹分グループを持つのは、ももクロだけではない。乃木坂46には欅坂46、PASSPO☆にはprediaやPalet、ぷちぱすぽ、SUPER☆GiRLSにはCheeky Parade、GEM、わーすたなどが妹分として名を連ねている。ここ1〜2年でハロプロに続々と誕生している新グループ(カントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリー)も、モーニング娘。や℃-uteの妹分と考えていいだろう。

 古くは、「西城秀樹の妹」コンテストで優勝した河合奈保子や石川秀美、横浜銀蝿の妹分としてデビューした岩井小百合らのように、「妹分」「弟分」といった売り出し方は、今にはじまったものではない。現在、俳優として活躍する杉本哲太も、デビューのきっかけは横浜銀蝿の弟分だった。

 人気スターの知名度を借りて、鳴り物入りで世に送り出すのが、「妹分」の一番の狙いだ。単体でイチからデビューさせるよりもメディアに取り上げられやすく、姉貴分グループの既存ファンがいち早く応援してくれるのも、大きなメリットとなる。また、幅広いニーズに対応することで、“取りこぼし”を少なくすることも、妹分グループを作る目的のひとつだ。「蓼食う虫も好き好き」という言葉があるように、人の好みというものは、文字通り千差万別。それゆえ、アイドルグループでは、多彩なキャラクターを集めることが重要になる。グループ全員を一般的な美形で揃えてしまうと、一般的な美形を好みと思わない層を取りこぼしてしまうのだ。

 そうした「取りこぼし回避のための多様化」は、ひとつのグループだけでは限界がある。多様化させすぎたため、グループのコンセプトにブレが生じ、固定ファンが根付きづらくなったのでは元も子もない。そこで、メンバーの年齢や楽曲の方向性を変えたグループを妹分として設け、姉貴分で取りこぼした層の受け皿とするのだ。「名古屋のチームしゃちほこ」「関西のたこやきレインボー」「福岡のばってん少女隊」といったように地方性を強く打ち出していくのも、東京主体の活動による「地方ファンの取りこぼし」を防ぐためのアプローチと言える。

 妹分グループには、姉貴分からこぼれた層を受け止めるだけでなく、フレッシュさを武器に新たなファンを発掘し、姉貴分グループへと引き上げる働きなども期待できる。妹分グループがきっかけでアイドル現場へ通うようになり、最終的に姉貴分グループのファンとして落ち着くといったケースは珍しくない。

 もちろん、メリットばかりではない。新たにグループを作れば、その分の運営費用が必要となる。また、姉貴分と妹分で、既存ファンの“食い合い”も起こりかねない。それを防ぐためにも、系列全体でファンの総数を増やすことが、姉妹ともども成功させる絶対条件だが、「アイドルブームの終焉」や「アイドルファン増加の頭打ち」が指摘されるなかでは、「系列グループの増加=ファンの増加」といった単純な計算は成り立たないだろう。

 そういった意味では、今後、アイドルファンの激増が期待できないからこそ、今いるファンを少しでも多く囲い込むための方策として、各系列が妹分グループの育成に力を入れているのかもしれない。

 ともあれ、「若さは正義」をモットーとし、つい新しいモノへと流れがちなアイドルおたくたちにとっては、妹分グループの誕生が重要な関心事であるのは間違いない。

【リアルライブ・コラム連載「アイドル超理論」第12回】

ピックアップ
アイドル新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る