search
とじる
トップ > 社会 > 三つ子の次男暴行死事件、2審でも実刑判決 「市にも責任」「残された2人を考えたら…」複雑な反応

三つ子の次男暴行死事件、2審でも実刑判決 「市にも責任」「残された2人を考えたら…」複雑な反応

pic pic

画像はイメージです

 昨年1月、生後11か月の三つ子のうち次男を床に叩きつけ死なせたとして傷害致死罪に問われた裁判の控訴審判決が24日、名古屋高裁で行われた。

 この事件は平成30年1月、愛知県豊田市内の自宅で泣き止まないことに腹を立てた母親(31)が、頭を持ち畳の上に2回叩きつけ死亡させたもの。一審で弁護側は「この母親が1人で三つ子を育てる過酷な環境で、重度のうつ病を発病していた」と主張。

 さらに、被告が妊娠後から多胎出産の不安を保健師などに伝え、援助を求めていたが、この保健師は行政の支援が必要とは判断せず、支援を行わなかった。そのような背景もあることから、弁護側は執行猶予付きの判決を求めた。

 名古屋地裁岡崎支部は、被告人について「善悪の判断能力や、行動を制御する能力が著しく減退していたとは言えない」として、懲役3年6か月の実刑判決を言い渡していた。

 控訴審で、弁護側は被告人が証言台で謝罪の言葉を口にし、遺骨に謝罪する日々を送っていると話したことや、うつ病の治療を進める中で、残された2人の子供と面会を重ねていることを根拠に執行猶予判決を再度求める。

 しかし、名古屋高裁は「生後僅かで母親によって生命と将来を奪われた被害者の無念さは計り知れず、刑事責任は相当重い」として、1審の判決を支持し、3年6か月の実刑判決。被告側の控訴を棄却した。

 この判決に、ネットの反応は賛否両論。「子供とはいえ人1人殺しているのに甘すぎる。殺人罪を適用するべきだ」「妥当だと思う。罪を償うのは当然」と判決を疑問視する声が上がる。

 一方で、子育て経験者からは「1人でも大変なのに三つ子。昼夜問わず自由に泣かれて、授乳も3人にしなければいけない。うつになるのは当然で、致し方ない部分もあるのでは」「これは虐待ではない。過酷な環境を放置した豊田市にも責任を取らせるべきで、1人のせいにするのは酷」「気持ちはわかる。残された2人の子のことを考えたら、執行猶予でもよかったのでは…」と、被告に同情的な声も上がった。

 今回の件については、1人で三つ子を育てることを当初から不安に思い、それを相談していたにもかかわらず、援助を見送った豊田市に批判の声が上がっている。

 このような子供を死なせてしまう行為や虐待については、児童相談所など然るべき機関が事態を甘く見るような風潮があり、子供を死に至らしめているとの指摘がある。子供は将来の日本を作る存在であり、親は子を育て、導く存在だ。国や行政機関が子育てをする親の悩みや不安を放置している現状に、憤りを覚える。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ