【襲われた芸能人列伝】美空ひばり塩酸事件、意外な犯人と異常な犯行動機とは

芸能ネタ 2019年09月16日 19時00分

【襲われた芸能人列伝】美空ひばり塩酸事件、意外な犯人と異常な犯行動機とは画像はイメージです

 今から62年前の1957年(昭和32年)1月、人気歌手・美空ひばり(当時19歳)が客席にいた同じく19歳の女性ファンから塩酸をかけられる事件が発生した。俗に「美空ひばり塩酸事件」と呼ばれる本事件は、犯人がひばりと同じ19歳の少女だったということで大きな注目を集めた。

 1957年1月13日、東京は浅草の国際劇場では、正月公演「花吹雪おしどり絵巻」が行われていた。ひばりは舞台の左袖で出番を待っていたところ、客席からアズキ色のオーバーを着たポニーテールの女性が立ち上がり、ひばりの近くに近づいてきた。

 「なんだね!君は!」

 スタッフが少女を止めようとした。少女はコートの中から瓶を取り出し、ひばりに瓶を投げつけた。そして中の液体がひばりの左顔と服にかかった。

「熱い!」

 瓶の中身は塩酸であり、彼女の顔は焼け、着ていた服は穴が開いた。

 「おい!何をやってるんだ!」

 少女は劇場に出入りするブロマイド業者の男性によって確保され、すぐに警察に引き渡された。

 塩酸をかけられたひばりは、幸い軽いもので痕が残るような事はなかったが、ショックは強かったようで、そのまま滞在先の旅館で休むことになった。

 また、瓶を投げた際に飛び散った塩酸は、ひばりの付き人の男性、大川橋蔵の付き人男性、舞台に出演していた俳優男性3人にも降りかかり、やけどを負った。

 犯人の女性は、逮捕当時は興奮のあまり何も語れなかったが、バッグに入ったメモには「ひばりちゃんの美しい顔をいためなければ承知できない。醜い顔を一度見たい」という、ひばりに対する憎悪の気持ちが書かれていたという。

 実は、この女性はかつては、ひばりの熱心のファンで、高校中退後、故郷の山形県を出て東京都内で女中奉公していたが、1月11日頃に奉公先を脱走。以来、都内をふらついており、たまたま浅草でひばりの出演する舞台の事を知り、「私と同い年のひばりちゃんは輝かしい場所にいるのに」と嫉妬の想いが沸き上がり、塩酸を購入し、ひばり急襲計画を立てたという。

 この事件は、大スターの傷害事件およびファン少女による残忍な犯行ということで、マスコミはこぞってこの事件を取り上げ、現在も「芸能人傷害事件」の代表例となっている。

ピックアップ
芸能ネタ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る