search
とじる
トップ > アイドル > 『コード・ブルー』今年の邦画実写NO.1確実か 主演映画大ヒットの山P、私生活も落ち着いた?

『コード・ブルー』今年の邦画実写NO.1確実か 主演映画大ヒットの山P、私生活も落ち着いた?

pic pic

画像はイメージです

 7月28日〜29日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、山Pこと山下智久主演の人気ドラマシリーズ初の映画化「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」が初登場首位を獲得した。

 同作品、山下と新垣結衣らが共演し、08年から放送されているフジテレビの人気テレビドラマを映画化。

 7月27日から全国439スクリーンで公開され、土日2日間で動員81万1000人、興収10億9600万円を記録。公開3日間で動員116万人、興収15億4800万円を稼ぎ出した。土日2日間の興収では、同じくフジ系ドラマを映画化し、最終興収46.1億円を記録した「信長協奏曲」(16年)の興収比177.9%となった。

 「初日の時点で配給元の東宝は、邦画実写では15年ぶりの興収100億超えが見込めることを発表。『信長協奏曲』は公開時期が1月だったが、『コード・ブルー』は夏休み時期の公開。さすがに100億突破は難しいと思われるが、今年の邦画実写ナンバー1を記録することはほぼ確実だろう」(映画ライター)

 山下、新垣ら主要キャストはフジの主要番組に連日出演して番宣を展開。30日に放送された「痛快TV スカッとジャパン 2時間SP」に出演した際、山下のマネジャーが、「去年のクリスマスは、一人で新橋の立ち食いソバ屋で済ませていた」というエピソードを暴露。山下は、「周りからは全くリアクションされませんでしたね」と周囲の反応を明かした。

 「かつては繁華街に夜な夜な出没して遊び回っていたが、一般人相手の警察沙汰を起こしたこともあってかすっかりご無沙汰。2月に交際が報じられたモデルとは破局したようで、最近は仕事漬けの日々を送っているようだ」(週刊誌記者)

 ようやく売れっ子の自覚を持ったことも映画のヒットにつながったようだ。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ