【雅道のサブカル見聞録】好調の『魔法少女まどか☆マギカ』から今後のアニメが動きを見る

まにあっく 2011年06月24日 11時45分

【雅道のサブカル見聞録】好調の『魔法少女まどか☆マギカ』から今後のアニメが動きを見る

 オリジナルテレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』とコンビニエンスストアーローソンのコラボ企画として、限定オリジナルキャラクターグッズが当たるキャンペーンが6月21日より開始された。

 本キャンペーンでは、ローソン店舗で対象の伊藤園社製飲料水を買うと抽選で限定オリジナルキャラクターグッズが当たる。ローソンでは以前に似たようなコラボ企画何度か行っており好評を博している。特に『けいおん!!』は対象商品であった午後の紅茶を数百本購入する猛者があらわれるなどネットを賑わしたが、『魔法少女まどか☆マギカ』も今年上半期放送のテレビアニメの中で抜きんでた話題を集めた作品。しかも公式ホームページでは応募時期によって賞品デザインが変わることも明記されており、争奪戦はより熾烈を極めている。既にツイッターやネット掲示板では数百本購入したユーザーの画像が貼られるなど盛況だ。

 ブルーレイなど、ソフト面では成功を収め、グッズ展開もローソンコラボの他に、フィギュアメーカーからの製品化企画があがるなど、ようやく本格的になってきた。アニメ雑誌以外でも特集が組まれることが増え、クリエイター・アーティスト雑誌『SWITCH』7月号では表紙を飾っている。一部メディアでは“社会現象”などの言葉も使われ始め、放送終了後もその人気は衰える気配がない。久しぶりの多方面で“売れる”オリジナルアニメの登場といっていいだろう。

 00年代後半からはノベルやマンガなど原作モノ深夜アニメが好評を博したが、これからアニメ関連の業界は再びオリジナルを重視する路線に変わるのではないだろうか。夕方アニメがメインだった90年代と違い、玩具メーカーと強く結びついた商品展開はないにしろ、中小のフィギュアメーカーは造形技術の向上などにより業績を伸ばしている。プラモデルメーカーなども最近は版権系のキャラクターを使用したプラモデルキットを精力的に販売しており、コミカライズとゲーム化程度しかなかった00年代より格段に商品展開の幅は広がっている。ある程度話題を集めれば多方面に商品展開が可能で、著作権などが複雑化していないオリジナル作品にはこれ以上ない土壌だ。

 『魔法少女まどか☆マギカ』の商品展開は人気に押され長期的なものになっていくかもしれない。今後のオリジナルアニメのあり方を見るにはこれ以上ない作品であることから、この好調がこれからの10年代アニメにどんな影響を与えるか期待したい。(斎藤雅道)

※画像は『魔法少女まどか☆マギカ』を特集した雑誌『SWITCH』7月号

ピックアップ
遂に現役引退の横綱稀勢の里 一方他の上位陣も…

遂に現役引退の横綱稀勢の里 一方他の上位陣も…
2019年01月16日 12時21分 [スポーツ]

まにあっく新着記事
松島基地航空祭

松島基地航空祭
2018年09月02日 14時50分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る