『M1グランプリ』決勝進出者なぜ吉本だらけ?

芸能ネタ 2017年12月03日 12時20分

『M1グランプリ』決勝進出者なぜ吉本だらけ?

 12月3日に『M1グランプリ2017』(テレビ朝日系)が放送される。敗者復活戦をのぞく決勝進出者9組が発表され、グレープカンパニー所属のカミナリ以外がすべて、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属だと話題となっている。これを受け、ネット上では「漫才日本一じゃなくて吉本ナンバーワン決定戦だろ」「なんだかやらせくさいわ」「とりあえずカミナリガンバレ」といった声が聞こえる。

 今大会に限らず、過去に行われた『M1グランプリ』は、12回のうち実に9回吉本芸人が優勝している。なぜ、これほど“吉本だらけ”になるのか。 「『M1』で吉本興業が強い理由としては、芸人の層の厚さがあげられますね。吉本の芸人養成所であるNSCは、東京校と大阪校があります。毎年それぞれの校舎に600〜700人が入学します。そのうち、コンスタントにテレビに出られるような芸人になれるのは5組以下という厳しい世界です」(放送作家)

 それぞれの年度に5組のコンビがいたとして、『M1』の出場規定であるコンビ結成15年以内のルールとあわせると、東京大阪あわせて150組が存在する。さらに、コンビ歴は解散するとリセットされるため、実際にはそれ以上となる。吉本は芸人の分母が圧倒的に多いのだ。ほかにも理由はある。それが舞台での活躍だ。

「よしもとクリエイティブ・エージェンシーは東京や大阪などに自前の劇場を持っています。テレビに出られなくとも場数を踏んでいるので、舞台慣れしているといえるでしょう。さらに、『M1』はあくまでも漫才の能力を競う場所。過去には音ネタのテツandトモが出演したこともありますが、高い評価は得られませんでした。現在の若手芸人に必要なひな壇トークにおけるアドリブ力といったものと、『M1』で勝ち残る能力は異なるのです」(前出・同)

 普段からマイクスタンドの前でオーソドックスな漫才を披露する吉本芸人が決勝に多く残るのは、必然なのかもしれない。

ピックアップ
芸能ネタ新着記事

「人妻感半端ない」現役『モー娘。』リーダーのイメージビデオが衝撃的色気
2018年12月12日 22時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る