search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 視聴者そっちのけで“マッチ推し”する紅白

視聴者そっちのけで“マッチ推し”する紅白

pic pic

紅白紅組のトリの松田聖子

 おおみそかのNHK・紅白歌合戦のトリを白組がマッチこと近藤真彦、紅組は松田聖子にそれぞれ内定したことを、一部スポーツ紙が報じた。

 記事によると、マッチは今年デビュー35周年。一世を風靡した80年代から活躍を続ける実績や知名度、人気は抜群。誰もが口ずさめるヒット曲も多く、記念イヤーの活動も話題になり、今年の白組トリに最もふさわしい歌手として選ばれたという。

 一方、聖子も今年が35周年。35周年記念ツアーなどを行い、今月9日にベストアルバムも発売。昨年の紅白では全出場者の最終歌唱となる大トリをつとめ、歌手別視聴率1位(関東地区)となる47.5%を記録したこともあり、2年連続の大役は実績も高く評価されたというのだ。

 「紅組の出場者を見渡しても、なかなかトリをつとめるにふさわしい歌手はいない。そのため、“消去法”で聖子が選ばれたのだろう。一方、白組は先日、森進一が今年限りでの紅白卒業を発表したばかり。紅白にとって功労者の森だけに、おととし紅白を卒業した北島三郎同様、大トリをつとめて盛大に送り出すものだとばかり思われていた。ところが、まさかの近藤のトリ。表だっては言えないが、不満を抱える関係者も多いはず」(レコード会社関係者)

 今年、ジャニーズ事務所は近藤を筆頭に、SMAP、TOKIO、V6、嵐、関ジャニ∞、Sexy Zoneが白組で出場し、おまけに白組司会をV6の井ノ原快彦がつとめるだけに、まさに“ジャニーズ祭”の様相だ。

 「総合司会をつとめるのは、マッチの“母親代わり”と言ってもいい黒柳徹子。昨年、ジャニーズのカウントダウンコンサートではやたらの“マッチ推し”で、ファンの大半を占めた若い女性ファンたちから大ブーイングを浴びたが、紅白の“マッチ推し”も視聴者離れを招きそう」(芸能記者)

 マッチとジャニーズの後輩たちとの歌手別視聴率対決の結果が注目される。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ