search
とじる
トップ > トレンド > 注目のアイドルユニット「A応P」も応援! TOYOTAの【PeaceEcoSmile】とはどんなプロジェクト?

注目のアイドルユニット「A応P」も応援! TOYOTAの【PeaceEcoSmile】とはどんなプロジェクト?

 株式会社トヨタモーターセールス&マーケティング(以下、TMSM)は11月8日から10日までシンガポールで開催されたアジア最大規模の日本のポップカルチャー・イベント「Anime Festival Asia (AFA) 2013」に、STUDIO4℃とのアニメーション・コラボ・プロジェクト『PES (Peace Eco Smile)』(以下PES)のブースを出展した。

 2012年に誕生したのがこの「PES(Peace Eco Smile)」。PESプロジェクトを展開するにあたり、TOYOTAは揺るぎないコンセプトを抱えている。それは、「本来、移動をプロデュースする商品としてのクルマであったはずが、いつの間にか性能や複雑な機能で語られることが多くなり、本来の移動による喜びは価値として認識されなくなってきています。そこで、グローバルでトヨタブランドを伝えることを念頭につくられた子会社であるTMSMは、「TOYOTA」の社名の中に潜む、人々の楽しみやトキメキといった気持ちの原点である「TOY(=おもちゃ)」をコンセプトに、そうした「移動の喜び」を発信します」というもの。
 このプロジェクトは、クオリティの高さに定評のあるSTUDIO4℃とのコラボレーションにより、アニメーションという手法を通して、見る人にクルマ本来の価値やTOYOTAが抱える思いを伝えていくことを目的としている。

 イベント当日は新進気鋭のアイドルユニット、アニメ応援プロジェクト「A応P」が『PES』のためにシンガポールでミニライブやサイン会を開催。「A応P! PES! A応P! PES!」と元気いっぱいの掛け声と共に登場したメンバーは、観客と一体になって会場を盛り上げた。“アニメ好き”がメンバーの共通点という彼女たちのテンションも、会場の熱気と共に上がりっぱなしだった。

『夢のクルマアートコンテストとは』
http://www.toyota-global.com/events/dream_car_art_contest/
 2004年から開催しているコンテスト。第7回は約70の国・地域より612,000点の応募があった。
 「TOYOTAは、モノ作りの会社として夢の大切さを実感しています。夢がなければ、モノを未来を情熱を持って作りだすことはできないと考えています。夢は人間にとって最大のエネルギーであり、大切なものである。子どもたちの自由で純粋な発想を通して、ものづくりの原点に立ち戻り、エネルギーをもらうことで、一緒に“行きたくなる未来、持続可能な未来”を実現させていくプロジェクト。あわせて、夢見る心の大切さを伝えていきます」
 
 2013年は新たに「NEXT GENERATION」として“環境総合力”をテーマに、 個性的な監督達による、創造力溢れるアニメーション作品を制作。アニメーション作品を通じて、世界に、子供から大人まで世代を超えて、特にアートをこよなく愛する人たちに、メッセージを伝えていくという。今後のPESの活動から目が離せなくなりそうだ。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ