search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 武智とは正反対に、スーマラ田中が評価を上げる 騒動以来の“らしい”SNS投稿

武智とは正反対に、スーマラ田中が評価を上げる 騒動以来の“らしい”SNS投稿

pic pic

スーパーマラドーナ・田中一彦、武智

 スーパーマラドーナの田中一彦が、自身のTwitterを更新。相方の武智正剛と、とろサーモンの久保田かずのぶがM-1の審査員を務めた上沼恵美子に苦言を呈して以降、これが初めての更新となる。

 田中は、M-1の際にも大ウケした「テッテレ〜」という言葉を冒頭に添え、「お湯じゃなくて水でした〜」と緩めのボケを披露。一緒に投稿された写真には、水を入れてしまい固いままになっているカップラーメンの麵を寂しそうに箸ですくい上げる田中が映っており、その安定したキャラクターにユーザーたちは安心しているようだ。

 また、同時に田中のもとには「M-1を観てファンになったニワカです。売れたいという欲の無い振る舞いに釘付けです!」「相方が大変なことをやらかしてますが、田中さんは田中さんのままで、平和にいてほしいです」といった激励の言葉も多数寄せられることに。相方が騒動を起こしてしまった一方で、田中の株は急上昇しているようだ。

 「実際、M-1での田中さんの振る舞いは多くの先輩芸人たちが絶賛しています。M-1後にネット配信された反省会では、陣内智則さんが『田中がいい感じで爪痕を残した。田中は売れる』と褒め、千鳥さんは、M-1の打ち上げの場で『田中のテッテレ〜で雰囲気が上がった』と大絶賛でした。その時は、武智も『テッテレ〜だけでも残せて良かった』と話していたのですが…」(芸能ライター)

 他にも、あの東野幸治が“漫才の先生”と呼ぶ、NON STYLEの石田明も田中のことを褒めている。

 「石田さんはナインティナインの岡村隆史さんのラジオにゲスト出演した際、『後半になって空気がよくなってきたのは田中のおかげ。本当にすごかった』と称賛していました。しかし、田中さんは売れたい欲が一切ない。ですが、ここぞという時に力を発揮できる何かを持っているのかもしれませんね。2016年にNON STYLE・井上裕介さんが事故を起こした際、武智さんが同乗していたことで、一時、スーパーマラドーナとしての仕事がキャンセルになってしまいましたが、その際も田中さんは怒るどころか休みが増えたことでうれしかったとか…。今回も田中さんはなんとも思っていないかもしれませんが、武智さんはそんな田中さんに甘えてはいけませんね」(前出・同)

 いずれにせよ、マイペースな田中の人気が急上昇中なことは確かだ。

記事内の引用ツイートについて
スーパーマラドーナ田中の公式Twitterよりhttps://twitter.com/SU_MARA_TANAKA

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ