競輪人国記 愛知(4) GIを獲って欲しい一丸安貴

ノンジャンル 2008年05月27日 15時00分

 一宮所属の選手はそれほど多くはなかった。まずスター選手と言えば、細川忠行(46期)が初めてだろう。競輪学校では4位の成績。岐阜のデビュー戦は軽く3連勝。半年後には地元一宮でA級初優勝、それも完全制覇だった。

 特別競輪デビューは昭和57年の高松オールスター。2年足らずで特別競輪に参加して(7)(8)(2)(4)。3日目には連対を果たしている。
 昭和59年の西宮オールスターでは(2)(4)(3)で決勝に進出。滝澤正光、吉井秀仁(ともに千葉)山口健治(東京)のフラワーラインに先手をとられたが、先行まくりのパワーは中京ファンを沸かせた。弟の貴雄(53期)は兄忠行を師匠にして、まくり追い込みで活躍した。現在もS級2班で一般戦なら連に絡んでいる。
 貴雄の方は昭和60年の競輪祭新人王にも出場しているが、特別初挑戦の昭和61年平塚・日本選手権では初日予選で1勝。平成3年のふるダビ福井では(5)(2)(3)で優参したが、決勝戦では失格、マーク強引なところも見せている。
 平成4年には前橋・日本選手権で(1)(3)(2)(6)の好成績。GI連続15回出場選手の表彰も受けている。
 平成15年のふるダビ四日市以降はGI、GIIに出場していないが、気力は十分。「若い先行のダッシュに千切れないように頑張る」と狙った番手は離さない。
 一丸安貴(70期)は何でも出来る機動力がある。今年は落車続きで不運に見舞われているが、70期のナンバーワンだ。競輪学校では75勝。恵まれた体と気迫溢れるレースは見ていて気持ちがいいが、時には強引に好位とりに出て失格、落車も多い。
 平成4年のデビュー。10年の地元一宮オールスターでは(3)(2)(2)で優参して地元地区ラインを組んで山口幸二(岐阜)の優勝に貢献した。11年の大垣全日本選抜、12年のふるダビ豊橋と地元地区では活躍したが、念願のGII優勝は平成18年のふるダビ小松島だった。
 初日は特選9着。不調か、と思われたが(2)(1)と勝ち上がって、決勝では海老根恵太(千葉)をまくった志智俊夫(愛知)について快勝。神山雄一郎(栃木)に土をつけている。一丸の兄弟子(師匠は塚崎真吾)の鰐淵正利(65期)もマーク屋で頑張っているが、一丸にはそろそろGI獲りをして欲しいものだ。

ピックアップ
ノンジャンル新着記事
LiLiCoオススメ「肉食シネマ」

LiLiCoオススメ「肉食シネマ」
2019年02月15日 16時03分

〈目からウロコの健康術〉 加齢とともにリスクが上昇! 冬の「突然死」対策と予防法
2019年02月14日 12時03分

森保ジャパン急上昇の中「まだやってたの?」ハリルホジッチ裁判
2019年02月11日 17時03分

◎専門医に聞け! Q&A 食べてすぐ寝る生活
2019年02月10日 12時03分

学業への不適応は見ないふり…『スポーツ推薦入試』の実情
2019年02月08日 19時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る