search
とじる
トップ > トレンド > 「映画界のドン」岡田茂さん死去で、東映の今後はどうなる!?

「映画界のドン」岡田茂さん死去で、東映の今後はどうなる!?

 東映の名誉会長、岡田茂さんが9日、肺炎のため都内の病院で亡くなった。87才だった。

 岡田茂さんは『網走番外地』『仁義なき戦い』などのヤクザ映画を数多く手がけ、映画会社としての東映を一世代で大きなものにした。
 「東映を一流にした男」「邦画の基礎を築いた男」とまで言われた岡田茂さんだけに、業界からは悲しみの声が続出している。
 さぞ、東映本社でも大騒ぎになっているだろう…と思いきや、実はそうでもないらしい。
 「東映の作品は全て見ている」と豪語する映画ライターのHさんはこう語る。

 「東映社内は全然いつも通りだったらしいです。今の東映の若い社員は『網走番外地』も『仁義なき戦い』も全然見てませんし、岡田茂の名前も知らない人も多いんですよ。東映のヤクザ映画はなんだかんだで、もう下火ですし…」

 東映社員があの岡田茂の存在すら知らないとは、何とも残念な話だ。さらにHさんは東映の現状についても教えてくれた。

 「今の東映は『相棒』以外全然客が入らないので、ひたすら赤字続きなんです。では何で儲けているのかというと、『仮面ライダー』に『プリキュア』なんです。
 仮面ライダーやプリキュアは映画も出せばヒットするし、おもちゃの収入もプラスされるので驚くくらいに利益が出る。岡田茂さんの息子の岡田裕介社長も最近は『困った時には仮面ライダーやプリキュアが助けてくれるさ』と口癖のように言っていると一部で話題になっています」

 「映画界のドン」が、草葉の陰で泣いている…。 (蟹山)

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ