search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 安室から声かけられた篠原涼子 2人共歌手と女優の経験あり、その関係性は?

安室から声かけられた篠原涼子 2人共歌手と女優の経験あり、その関係性は?

pic pic

篠原涼子

 映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』のプロモーションのため多くの番組に出演している篠原涼子の安室奈美恵との感動エピソードが話題だ。『週刊女性』(主婦と生活社)2018年9月18日号では、安室とスーパーで出会い声をかけられたエピソードを披露している。

 当時の篠原は歌から演技へとシフトをしていたころで、安室から「いつもドラマ見ています」とあたたかい声をかけられたようだ。

 「小室ファミリーは、小室哲哉がプロデュースしたミュージシャンを総称する言葉ですが、ファミリーとは言いつつも『たけし軍団』のようにいつも行動をともにするわけではなかったようですね。さらに篠原は、小室ファミリーの印象が強いですが、プロデュース作は1994年7月発売の『恋しさと せつなさと 心強さと』と1995年8月発売の『Lady Generation 〜淑女の世代〜』の2作のみです。一方で、安室の小室プロデュース作は1995年10月の『Body Feels EXIT』が最初ですから、篠原と安室は入れ違うような形になりますね」(芸能ライター)

 篠原が歌手から女優業へとシフトして行くさまを安室はどう見ていたのだろうか。

 「安室奈美恵は女優としていくつかの作品に出演しています。1996年公開の『That's カンニング! 史上最大の作戦?』ではヒロインの女子大生役を好演しました。演技は決して下手というわけではないでしょう。なによりスタイルが抜群ですから、ハマる役どころもありそうです。ただ、積極的に女優業をやらなかったのは、やはり歌一本でいきたい彼女の希望があったためでしょう」(前出・同)

 もちろんそこには同じ表現をする者として、篠原に対するリスペクトの思いもあったのは確かだろう。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ