虐待を受けた子どもの脳は萎縮する

社会 2011年08月22日 15時30分

 あいかわらず児童虐待のニュースが絶えることはない。8月20日にも、声優の鈴池静容疑者が里子として育てていた当時3歳の保育園女児を虐待して死亡させた疑いで逮捕となる事件が起きたばかりだ。

 08年に熊本大学とハーバード大学のグループと共同で行った研究によると、子どものときに長期にわたって激しい体罰を受けた人は、受けなかった人に比べ、脳の感情などをつかさどる部分が平均で20%近く小さくなっているという研究発表があった。
 この研究では4歳から12歳までの間に、親から鞭や手でたたかれるなどの激しい体罰を長期にわたって受けたアメリカ人男女23人の脳を撮影し、人種や生活環境などの条件をそろえたうえで、体罰を受けなかった人の脳と比較。その結果、体罰を受けた人は、受けなかった人に比べると、脳の前頭葉のうち感情や意欲にかかわる部分が平均で19.1%、集中力や注意力にかかわる部分が平均で16.9%が、それぞれ小さくなっていることがわかった。

 こうした脳の萎縮は、体罰によるストレスで起きたと考えられるとの事だ。研究結果によると、萎縮が見られた部分は、犯罪の抑制力にかかわる所でもあり、衝動的な行動を起こしたり、キレやすくなったりする可能性が高くなるとのこと。
 『ニュートンムック ここまで解明された脳と心のしくみ』(ニュートンプレス刊)という科学雑誌によると「虐待、言葉の暴力、育児放棄など、親からの愛情のない養育をされた幼児は、知的は発達が遅れるだけではなく、身体の成長も遅れる」とのこと。しかし、幼児期のうちに養育者が変わり、愛情豊富な育児に返ると、脳や身体も平均値に戻るという結果も出ている。
(注:決して、知的、身体的な発達が遅れている幼児に、親の虐待があるということではありません)

 また『病は気からの科学PART3』(高田明和著 講談社刊)によると、同様な文があり、さらに「長男長女は、次男次女よりも「しつけられる」ことが多く、この「しつけ」が抑制的に働くらしく、身長は、次男次女の方が高くなることが多い」とのこと。
 また、子どもの立場を重視して育てると、子どもは反抗的ではなくなり、大人に依存しなくなり、他人に親切で協力的になるという結果も出ている。
 放任・甘やかしはどうかと思うのですが、あまりに厳しいしつけは、かえって子どもの発育を阻害するということなのだろう。

(巨椋修(おぐらおさむ)・山口敏太郎事務所)

ピックアップ

ペナントレース中断が決定!プロ野球は東京五輪で地方行脚
2018年09月19日 17時45分 [スポーツ]

社会新着記事

北海道震度7 迫りくる南海トラフ、首都直下型「巨大地震」Xデー①
2018年09月18日 18時03分

高級店・コンビニも相まみえる 激闘の喫茶業界
2018年09月17日 18時03分

土地込み1000万円以内のマイハウスも夢じゃない? 今注目の“タイニーハウス”とは
2018年09月17日 06時10分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る