search
とじる
トップ > トレンド > 今野杏南 まだまだ脱がないけど将来的には映画で脱ぐかも?

今野杏南 まだまだ脱がないけど将来的には映画で脱ぐかも?

 『撮られたい』で小説デビューを果たし、さらに11月1日から公開された映画『クローバー』にも出演中の今野杏南が、2nd写真集『more』(ワニブックス)の発売を記念したイベントが、16日、都内で行われた。

 今回の写真集は7月のハワイで撮影されたのだが、南国らしい開放感の中でいつもの撮影より大胆になっていたという。特にビーチで水着も服も着ていないシーンの撮影では、周りの目も気にすることなく撮影に挑んでいた。「最初はスタッフさんが気を使って屋内で撮ろうかって言われたんですけど、私はもともとビーチで脱ぐつもりだったので、気にもなりませんでした。でも砂浜で遊んでいる人もいましたね。開放的な場所でここまで脱ぐのは初めてでしたけど、楽しかったです」と語った。

 色々と大変な撮影の中で出来上がった写真集の仕上がりを見て感想を聞いてみると「全部のカットがお気に入りで、ハワイ感満載で100点満点の写真集だと思います。きわどい写真が多いですけど、後で見た時にやりすぎたと思ったところもなく、すべてがイイネって感じでした。すごい感謝の気持ちでイッパイの写真集です」とご満悦の様子だ。

 充実した1年間を過ごした杏南ちゃんに今年を振り返ってもらうと「色々なことにチャレンジした1年でしたね。小説も出せたし映画も出れて、かなり充実した1年だと思います。小説を書き上げられたのが1番印象的でしたね」と振り返った。さらにに来年の抱負を聞かれると「もっとテレビでも活躍できたらと思います。今も小説も書いているので、来年あたり出せたら良いなと思います」。

 最後に今回がなかり大胆なカットが多かったことでこれ以上の露出を求められる可能性もあるのではと聞かれると「まだ裸にはなりません。手段は色々とありますから長期的な手を打っています。将来的には映画とかで脱ぐかもしれませんけどね」と大きな期待を持たせてくれた。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ