search
とじる
トップ > スポーツ > ドライバー編(2) 自分に合うティーの高さを探せ

ドライバー編(2) 自分に合うティーの高さを探せ

 ドライバー編2回目はフック。フックは気がつかないうちに癖になっている人が多いです。前回も言いましたが、客観的に自分をみて、どんな動きでどんな球が出ているのか見極めるのが非常に重要です。ではレッスン開始です!

 今回はドライバーショットのフックを直しましょう。スライスに比べて悩んでいる人は少ないと思いますが、比較的上級者になっていくにつれてフック(チーピン)に悩む人が多いです。

 アマチュアの皆さんは、とかく高いティーで打つことを好みますが、確かにボールを当てやすくなりますが、その分アッパーブローが強くなるために方向性の安定感が失われます。
 ドライバーのティーアップの高さをきちんと見直して自分の高さに合う高さのティーを探しましょう。

◎ポイント(=写真(1))
 写真のようにインパクトでしっかり左に体重移動をして左サイドの壁を作ってあげます。
 なるべくティーの高さは低めにしてハンドファーストでのインパクトのイメージを持って練習してください。

◎正面(=写真(2))
 インパクトで右足のケリや腰の回転(スピンアウト)が強すぎて、左サイドが早く開いたり伸び上がったりする人が多いです。
 インパクトの手の位置もハンドインになりがちです。注意しましょう。

◎後ろ(=写真(3))
 バックスイングでフェースをシャットにしてインサイドにクラブを引きすぎる人が多いです。フェースをあまりシャットに上げると球が上がりにくくなるので下からしゃくる動きで球を上げようとしてしまいます。
 そうすると球にドロップ回転がかかりチーピンになりやすいです。

<プロフィール>
 1974年7月14日生まれ、東京都出身、血液型A型、ゴルフ歴12年。2007年日本プロゴルフ協会入会、アメリカのジム・マクリーンゴルフアカデミーに2年半留学、現在は都内を中心に活動中。生徒の中にはWBCで活躍した青木選手を含む有名人も多数。リアスポ読者のみ都内出張レッスン承ります。ご応募はEメールで。
up-golf@ezweb.ne.jp

◎質問大募集
 ゴルフに関する質問・疑問を大募集します。採用されたものは紙面で小倉プロが直接答えます。どんなささいなことから、聞きたくても直接プロに聞けなかったことまで何でもOK。
 はがきに住所、氏名を明記し、〒135-0063 東京都江東区有明1-1-7 リアルスポーツ「小倉プロに聞け」係まで。または、リアルスポーツホームページの「お問い合わせ」欄からの応募も可。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ