search
とじる
トップ > 芸能ネタ > ナイナイ岡村隆史 “ベッキー不倫騒動”で視聴者の姿勢に苦言

ナイナイ岡村隆史 “ベッキー不倫騒動”で視聴者の姿勢に苦言

 12日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン 岡村隆史のオールナイトニッポン」でナインティナインの岡村隆史が、“ベッキー不倫騒動”に関して視聴者の姿勢に苦言を呈した。

 人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫騒動で芸能活動を休止していたベッキーが、13日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」でテレビ復帰する。一体どのような言葉で、どのような内容を語るのか、注目されている。ベッキーといえば、好感度の高いタレントとして人気を獲得。「元気」「ピュア」「良い子」などとポジティブなイメージが定着していたため、まさかの不倫スキャンダルが報じられると、その反動は大きく、一気にイメージは急降下してしまった。

 岡村は、“好感度”について持論を展開。「(ベッキーの)好感度が高すぎたからこんなことになっているって言うんですけど、好感度ってこういう言い方したらアレなのかもしれないけど、そっちが勝手にそう思っただけじゃないですか!?」と語り始め、「別に好感度が欲しいから仕事しているワケじゃなくて、仕事が欲しいと思って仕事をしている」と説明。

 タレントのイメージを勝手に想像して、勝手に落胆しているのは視聴者の方と主張し、「ベッキーがたまたま仕事をしていたら、『好感度ええな』ってなったワケじゃないですか!? それは別にそっちがそう思っただけであって、こういう不倫騒動があったら、『裏切られた』って…それは知らんって」と視聴者に苦言を呈した。

 さらに「あなたが勝手にテレビ見ていて、『この子ええわ』って思っただけで、わかれへんよ。ベッキーはこんな子やったかもわかれへんやんか」と説明した。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ