search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 渡部建、芸能生活初のNGに脊山麻理子を名指し 和解後も「許せない」ヘアヌードで挑発?<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>

渡部建、芸能生活初のNGに脊山麻理子を名指し 和解後も「許せない」ヘアヌードで挑発?<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>

pic pic

アンジャッシュ・渡部建

 お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の大みそか特番「絶対に笑ってはいけない」シリーズで電撃復帰すると20日、『スポーツニッポン』が報じた。だが、渡部に対する世間の風当たりはいまだ厳しく、復帰関連記事のコメント欄には批判が集中している。

 ​>>和田アキ子をイジり倒した森進一に「ブン殴ってやりたい」発言?半世紀にわたる因縁とは<共演NG?【犬猿の仲】の有名人><<​​​

 渡部というと、1993年に高校の同級生だった相方・児嶋一哉の誘いで、アンジャッシュを結成。03年放送の『エンタの神様』(同)への出演がきっかけで一躍人気を博し、その後は数々のレギュラー番組を獲得。また、渡部はピンでも活躍。趣味の食べ歩きを生かして「グルメ王」として名をはせ、「世界の渡部」ともてはやされた。

 私生活では2017年4月に女優・佐々木希と結婚し、18年9月には長男が誕生。家庭は円満かと思いきや、20年6月に複数女性との“多目的トイレ不倫”を『週刊文春』(文藝春秋)に報じられた。以降は活動を自粛している渡部だが、このさまにほくそ笑むのがフリーアナウンサー・脊山麻理子だという。

 今年7月、一部報道では脊山が渡部の失脚を受け、「勝利宣言」ともいえる“四十路リベンジヌード”を計画していると報じられた。過去に両者の間で確執が生じていたようだ。

 発端は、2014年12月放送の『今夜くらべてみました』(同)での共演。番組は、悩みのあるゲストに渡部がダメ出しするという企画で、当時局アナからフリーになったばかりの脊山が出演した。

 渡部は企画の趣旨通り痛烈なダメ出しを脊山に放ったのだが、「文句言われる筋合いは全くない」とマジギレ。一触即発の空気の中、番組は終了したものの収録後、両者は挨拶すら交わすことなく、渡部は芸能生活初の“共演NG”に脊山を指定したとされている。

 そして2016年6月、両者は『7時にあいましょう』(TBS系)で再び共演の運びとなる。だが、再会を果たした渡部は「一緒に仕事したくない」と脊山を煙たがり、当時の怒りを口にした。

 渡部は「あなたはやっていけないことをやっているんですよね。悩みを相談しにきているところを、悩んでいないと言っちゃったら、破綻するぞ、あの企画が」と脊山を厳しく糾弾した。

 さらに、番組を台なしにした脊山に対し「企画を壊すようなタレントとは、絶対に仕事したくないんですよ。命懸けでやっているんですよ、バラエティー番組は。そういうことを1回でもされちゃうと、信用はない」と叱責した。

 すると、脊山は「当時、私としては女子アナの中で反論するキャラでバラエティーの場に居場所を見つけようという時だった」と弁明し、反省。そして、渡部に謝罪を述べると最後は2人で握手を交わし、しぶしぶ脊山とのNGを解除したという。

 「当時、渡部は多数の番組でMCとしても大活躍していた時期。バラエティー界を制するプライドから、番組に泥を塗られた脊山が許せなかったのでしょう。また、和解はパフォーマンス的なもので、関係が修復されることはなくその後の共演もないままのよう。それが一転、天狗化していた渡部がスキャンダルで転落。脊山は完全に渡部をさげすんでいるのだとか」(芸能ライター)

 一部では、脊山が「あの男(渡部)だけは許せない」と敵視していると報じ、“トイレ不倫”騒動直後の同月には、自身のYouTubeチャンネルにAV並みのエロ動画をアップ。渡部への“当てつけ”説が出たほどだ。その真相は不明だが、脊山には“ヘアヌード写真集”発売の噂が浮上するなど、何気に渡部のおかげで話題を集めていた。

 この際、脊山に公開説教を食らうのもありなのでは。

関連記事

タグから探す


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ