search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 上白石萌音、溝端淳平は「心遣いが素敵」 初対面での紳士的なエスコート明かす

上白石萌音、溝端淳平は「心遣いが素敵」 初対面での紳士的なエスコート明かす

pic pic

上白石萌音、溝端淳平

 上白石萌音と溝端淳平が、11月8日の「いい歯の日」を記念した日本歯科医師会主催の「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2020」を受賞し、授賞式に出席した。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 最も笑顔が輝いている各界の文化人・著名人を表彰する同賞を受賞し、上白石は「こんなに明るい気持ちになれる賞をいただけて嬉しいです。光栄です」と嬉しそうにコメント。普段から心がけていることを問われると、「食いしばらないこと」と述べ、「力が入っている時は顎の関節を緩めると、心もほぐれるような気がします。まだまだ未熟ですし、踏ん張っていかないといけない時期ですけど、だからこそ緩められる時間が大切だと思っています」と笑顔作りのこだわりを明かす。

 上白石はまた「笑顔は1人では作れない」とも述べ、「人と関わり、明るい気持ちになることで、やっと口角が上がるんだって実感します。どんな大変な日でも、一回は笑う瞬間があるといいなって思います」とも話した。

 溝端も「こんな賞をいただけて嬉しい。もともと笑顔が苦手なのに」と照れ臭そうにコメント。「今年は家にいることが多かったので、YouTubeの動画で癒されることが多かった。今年は癒される動画ばかり見ていました」と自分が笑顔になる瞬間を紹介。「笑顔になること、人の笑顔を見ることは大事。僕らの仕事を通じて、皆さんに少しでも笑顔になってもらえるよう頑張ります」と前を向いた。

 2人は初対面だったといい、溝端は「以前、上白石さんの密着ドキュメンタリーをテレビで見て、こんなにも屈託のない笑顔で、人を幸せにできる人はいないなって思っていました。今日もずっと癒されっぱなし。来て良かった」とその印象を紹介。上白石も溝端について、「裏でも心遣いが素敵で、ヒールが疲れるから座ってくださいとか、椅子を引いてくれたりとか、紳士的な姿でエスコートしてくれました。人を笑顔にされる方です」と話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ