search
とじる
トップ > トレンド > 噂の深層 FC岐阜が外国人エースを無料で手放した理由

噂の深層 FC岐阜が外国人エースを無料で手放した理由

 J2のFC岐阜が来季も大幅に選手を入れ替えようとしている。今シーズン終了後には、早々に6選手と来季の契約を更新しないと発表。そのなかにチーム得点王のFWナザリトの名前があったことは、岐阜以外のサッカーファンをも驚かせた。

 コロンビア国籍のナザリトは、今季に岐阜に加入すると、日本人選手を圧倒する強靭な体格でクラブ史上最多の17得点を獲得。これはチームの年間ゴール数54得点のうち、約3分の1をナザリト一人で稼いだ計算になる。ナザリトは間違いなく今季のJ2移籍市場の目玉となる外国人ストライカーのはずだった。

 「無料で手放すことになった原因は、チームがナザリトと1年契約しか結んでいなかったことです。引き留めたいチームはシーズン中に契約更新を打診するも、今季赤字の岐阜に彼を納得させられる年棒は提示できず、シーズン終了とともにエースを無料で放出することになってしまったわけです」(サッカー誌記者)

 その後、ナザリトはJ2札幌へ完全移籍したことが発表された。これには岐阜のラモス監督も怒り心頭だったそうで、シーズン後半にはもうナザリトと契約更新できないと見込んだのか、「あいつは大嫌い」と周囲に公言しまくっていたという。来季の岐阜VS札幌戦は注目が集まりそうだ。(明大昭平)

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ