「国民の皆様、ちょっと厳しすぎる」持論も好評“タレント政治家”の道を究めた杉村太蔵

芸能ニュース 2018年03月27日 22時10分

「国民の皆様、ちょっと厳しすぎる」持論も好評“タレント政治家”の道を究めた杉村太蔵杉村太蔵

 元衆議院議員でタレントの杉村太蔵が26日、『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演。自身の政治家時代を振り返り、意外な共感を得ていた。

 2005年の衆院選で初当選した杉村は、「料亭に行きたい」「国会議員はJRに乗り放題らしい」など、数々の失言を連発し、有権者の支持を失ったことが記憶に残る。しかしこの日は、そんな国会議員としての自分を「もう一度再評価して欲しい」とアピールした。

 杉村は、憲政史上最低の国会議員と言われたことを認めつつも、「最低の国会議員から見ても、いまの政治家は私以下じゃないかという人が結構多い」と痛烈に批判。そして、「私は違法行為をしていないし、差別的な発言もしていない。ただ、出だしに幼稚な発言をしただけです」と主張した。

 また、「最近の政治は腐敗しているか」という質問には、「国民の皆様、ちょっと厳しすぎる」と持論を展開。そして、「私の場合は極めてクリーンでしたが、何の力もありませんでした」と話し笑わせた。

 “元”政治家の意見は、もう一線から退いていても批判されることが多い。しかし、それが少ないのが杉村だ。

 この日もネット上では「杉村さんはむしろ国会議員は色々と優遇されていることを国民に伝えた」「クリーンだと力を持てないのが政治家ってこと。これはある意味正論かも」と感心する声が多く挙がった。

 さらに番組では、自身の経験を踏まえ、「出だしが極めて重要。出だしでこけたらその後、すべて駄目」と新社会人に向けてアドバイスも送っていたが、「本当その通り」と共感する人が多かった。

 「最近では、上西小百合さんなどタレントへ転身をもくろむ政治家も多いですが、杉村さんは政治に関してもある程度的を射た意見を言えつつ、ガチガチの討論番組でも、自虐で場を和ませることができる貴重な存在。以前は、叩かれるようなポジションを演じることで出演を勝ち取っていたようですが、それではダメだと思ったのか、パフォーマンスを変更したあたりはさすがです」(テレビ関係者)

 杉村太蔵を越えるタレント政治家はなかなか出てこないだろう。

ピックアップ

グレタさんに「絶望のどん底に叩き落とし…」ラノベ作家の発言にファンもドン引き 仕事仲間からも批判
2019年12月09日 18時00分 [芸能ニュース]

芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る