「来てくれてありがとう、負けてごめんなさい」阪神ファンに整列&挨拶 矢野監督が“覚悟”を見せた

スポーツ 2019年04月01日 17時30分

「来てくれてありがとう、負けてごめんなさい」阪神ファンに整列&挨拶 矢野監督が“覚悟”を見せた画像はイメージです

 矢野阪神が開幕カードを2勝1敗と勝ち越した。開幕ゲームで連勝したのは4年ぶりだという。勝因は投手陣と「矢野改革」だが、後者に関してはファンも戸惑いを見せていた。

 「開幕投手がメッセンジャー、第2戦に岩貞、そして、3戦目にFA加入した西。次節にガルシアを温存できたのだから、先発投手陣の厚さを感じます。メッセンジャー、西、ガルシアと軸になる投手が3人もいるので、大きな連敗をしないで済む」

 関西地区で活動するプロ野球解説者がそう言う。

 しかし、第3戦目の試合後だった。矢野革命に、虎ファンが「えっ!?」と驚いた。

 試合後、一塁側ベンチから矢野燿大監督(50)をはじめ、コーチ、選手ら全員が出てきた。そして、スタンドに向かって一列に並び、頭を下げたのだ。ファンへの挨拶だが…。一般的に、プロ野球チームが試合後に挨拶するのは、ペナントレース終盤の本拠地最後のゲームぐらいだ。シーズンを通し、応援をしてもらったことへのお礼だが、ペナントレースの第3戦、主催試合とはいえ、本拠地・甲子園球場ではないところでの整列は異例中の異例と言っていい。

 試合後、矢野監督は各メディアにこう説明していたそうだ。

 「ずっとやろうと(球場に)決めていた。来てくれてありがとうというのと、(敗戦して)ごめんなさいというので。勝ったときは一緒に喜んで、負けたときもそうやって」

 ファンが驚いたのは、ペナントレース終盤でのセレモニーが開幕カード最終日にあったから。矢野監督が記者団に説明した限りだと、これからも主催・対戦ゲームの節目ごとに挨拶をしていくようだが、こんな指摘も聞かれた。

 「ファンの罵声をダイレクトに浴びることになるかも。矢野監督の覚悟とも解釈できます」(前出・プロ野球解説者)

 開幕直前の3月25日、矢野監督は競走の名目で“シビアな決断”を下している。今シーズンのクローザーは藤川球児(38)ではなく、ドリスで行く、と発表した。藤川は昨季後半、往年を彷彿とさせるストレートが復活しつつあった。打者の手元で浮き上がる独特の軌道を描くストレートだ。本人は「もう一度、挑戦したい」と奮闘したが、オープン戦後半に調子を落とし、セットアッパーに回ることになった。

 藤川は日米通算250セーブまで「あと23」と迫っている。年齢的なことを考えると、クローザーに専念できないとなれば、達成は難しいのではないだろうか。ベテランの記録達成といえば、金本知憲前監督の決断が思い出される。16年7月、鳥谷が更新中だった連続フルイニング出場の記録が止まり、昨年5月には連続試合出場もストップした。鳥谷の打撃不振が原因で、勝利至上主義のための決断だったが、「指揮官としての配慮不足」を指摘する声は今も尽きない。投打ともに不振に陥って連敗を喫したとき、矢野監督がドリスを選択したことが非難されないだろうか。

 矢野監督は試合後の挨拶を恒例化すると決めたが、ファンの罵声をまともに受けることになる。単なるファンサービスではない。やはり、相当な覚悟があっての決断だったようである。

(スポーツライター・飯山満)

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る