スーマラ武智は元々乱暴キャラだった? M-1暴言騒動で今後の活動にも暗雲か

芸能ネタ 2018年12月07日 12時30分

スーマラ武智は元々乱暴キャラだった? M-1暴言騒動で今後の活動にも暗雲かスーパーマラドーナ・田中一彦、武智

 『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)をめぐって、審査員の上沼恵美子を批判するネット動画が問題となっている。決勝にも登場したスーパーマラドーナの武智のスマホの前で、とろサーモンの久保田かずのぶが「自分の感情だけで審査せんといてください」と苦言を呈し、武智も「おばはんにはうんざり。更年期か」と煽っている。2人はTwitterで謝罪するも騒動が収まる気配はない。

 久保田はもともと「クズキャラ」として知られるだけに、今回の暴言は「やっぱりクズだった」といった反応が見られる。一方で、よりピンチに陥りそうなのが武智である。ネット上でも「武智がこんな人だとは思わなかった」「拡散されるとわかっていてやったとしたら確信犯」といった声が聞かれる。

 「とろサーモンは『M-1グランプリ2017』で優勝し、活動拠点は東京に置いていますが、スーパーマラドーナはいまだに大阪拠点です。上沼さんは関西では絶大な人気を誇りますので、番組での共演NGばかりではなく、最悪の場合は放送局出入り禁止などの厳しい処分が下される可能性がありますね」(放送作家)

 何より今回の件でクローズアップされそうなのが、武智の「乱暴キャラ」であろう。

 「スーパーマラドーナは2003年に結成するも、2007年に一旦解散しています。その理由は、武智が相方の田中一彦に暴力も辞さない厳しいシゴキをしたためです。これまでは『笑いに対するストイックさ』といった点で好意的な評価も受けていましたが、今回の暴言騒動により『単に乱暴な人』といったイメージがついてしまうのはマイナスといえるでしょう」(前出・同)

 このままではスーパーマラドーナが今後活躍できたであろう「関西のお茶の間枠」を失いかねない。その代償は大きいと言わざるを得ないだろう。

ピックアップ
紅白に大御所2組のそろい踏み 35年ぶりの奇跡は起きるか

紅白に大御所2組のそろい踏み 35年ぶりの奇跡は起きるか
2018年12月12日 21時20分 [芸能ニュース]

元TBS安東アナは共演者食いまくりの“チャラ男”? 出演者の秀逸な噂話にネット沸く
2018年12月12日 18時20分 [芸能ニュース]

芸能ネタ新着記事

「人妻感半端ない」現役『モー娘。』リーダーのイメージビデオが衝撃的色気
2018年12月12日 22時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る