オープン戦防御率トップのオリックス東明大貴、3年ぶりに札幌開幕シリーズ先発!

スポーツ 2019年03月29日 17時40分

オープン戦防御率トップのオリックス東明大貴、3年ぶりに札幌開幕シリーズ先発!東明大貴 写真 / 垪和さえ

 昨年は7試合に登板し、1勝4敗ながらも防御率が2.27と、一昨年の右肘クリーニング手術を挟んで不調が続いていた中、復調の兆しを見せていたオリックス6年目の東明大貴が、オープン戦に3試合登板、2勝0敗、防御率0.96の好成績を残し、防御率はオープン戦トップで終えた。

 2015年に10勝を挙げた右腕は、2016年に札幌ドームで行われた日本ハムとの開幕シリーズに先発し、自身にとってはその年唯一となる勝利を収めている。その後、制球に苦しみ、翌年にクリーニング手術を受けるなど、なかなか勝ち星に恵まれなかったが、昨年終盤に見せた好投が今年のキャンプ、オープン戦と続いており、東明の持ち味である“攻め”のピッチングも戻ってきた。30日の開幕2戦目には、3年ぶりに札幌での開催シリーズに先発をする予定だ。

「自分がミスをするのが嫌。ストライクゾーンに投げるのは基本線」

 23日のオープン戦(阪神戦)では、6回2/3を7安打2失点ながら無四球だった。オープン戦3試合でも与えた四球は2と少ない。東明にとってのミスとは四球のことを指す。際どい球よりもストライクゾーンで勝負しているだけに、攻めているイメージを相手チームにも与えるだけではなく、登板した試合はテンポ良く進んでいる。

「今のところはいい感じになればいいなと思ってます。カーブを多く投げました。良かったです」

 この日はカーブでカウントも取れていた。今シーズンの東明にとっては大きな武器になるかもしれない。日本ハム打線相手にも効果的に使うだろう。

「基本的に全部0とか、ヒットを打たれないようにするのは難しい。打たれることは必ずある。でも、打たれるより抑えた方がいいので。球数は気にしないです。それより、バッターが3巡目になると初回のようにはいかないので、そこは考えて投げたい」

 久々に球数が100球を超えたが、問題はなかった。ピッチャーは「打たれなくない」という思いから、際どい球を投げることで四球による出塁を許し、ピンチを作りがちだが、東明は打たれてもいいから「点差が離れていれば追いつかれないように、同点かビハインドの時は最小失点に抑えればいい」という考えを持って投げられているのは強い。ここ3年間苦悩した結果、このようなピッチングスタイルに行き着いたのなら、今年はかなりやってくれる予感がする。チームが一気に若返ったことで、開幕ローテの日本人投手の中では最年長となった。対する日本ハムの先発は、一緒に海外で自主トレをともにしたこともあり、昨年までオリックスのエースだった金子弌大だ。東明にとっては完全復活をアピールする最高の舞台。このチャンスをしっかりと掴んでもらいたい。

取材・文 / どら増田
写真 / 垪和さえ

ピックアップ
スポーツ新着記事

プロレスラー世界遺産 伝説のチャンピオンから未知なる強豪まで── 「ウィリエム・ルスカ」再評価されるべき“オランダの赤鬼”
2019年12月08日 08時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る