新たな芸人ビジネスの予感…ヒロシの動画はなぜバズっている?

お笑い 2018年06月26日 19時00分

新たな芸人ビジネスの予感…ヒロシの動画はなぜバズっている?ヒロシ

 2000年代前半、お笑いブームの波に乗ってブレークした芸人・ヒロシ。イタリア人歌手・ペッピーノ・ガッリャールディの楽曲「ガラスの部屋」にのせて自虐をつぶやく“一言ネタ”で有名になった彼は、現在YouTuberとして人気を獲得している。

 動画の主なテーマは「キャンプ」だ。当初は、自身の活動や他の芸人との絡みのある動画が数本アップされていたものの、最近ではキャンプ1本に絞っている。視聴数のアベレージも10万回と上々。YouTubeに続々とお笑い芸人が参戦している中でも成功していると言って良いだろう。

 ちなみに、半年ほど前、カンニング竹山もYouTubeチャンネルを開設した。テロップを挿入してテレビ番組のような体裁で動画をアップしているが、それでも視聴回数は数万回程度だ。しかし、彼もキャンプ動画で53万回の視聴回数を獲得しバズっている。なぜそのような現象が起きるのだろうか?

 「ここ数年でキャンプ人口が増加していると言われています。となると、ビギナーも増えますよね。キャンプで分からないことをググるといっても、写真や文章だけでは限界があります。そこで観て学べるYouTubeが重宝されているのです。YouTubeで“キャンプ”と検索すれば、ヒロシや竹山の動画が上位にありますし、それがきっかけで視聴する人が増えているのではないでしょうか」(アウトドア専門ライター)

 ヒロシの動画は、笑いを取ろうとしたり、ハプニングがあったりするわけではない。強いて言うなら“高画質である”ということくらいだ。

 「キャンプでの“あるある”的な行動や“今度やってみよう”と思う調理法を公開するなど、視聴者が“キャンプへ行きたい”と駆り立てられる内容がほとんどです。キャンパーはヒロシの動画を“笑おう”と思って観ていません。そうした不必要な要素を取り除いたものだからこそ安心して視聴できるのです」(同上)

 バイきんぐの西村瑞樹やうしろシティの阿諏訪泰義なども、テレビやラジオでキャンプ好きであることを公言している。このままヒロシが成功し続けていけば、キャンプ芸人の「新たなビジネス」として確立される日も近いだろう。

ピックアップ
紅白に大御所2組のそろい踏み 35年ぶりの奇跡は起きるか

紅白に大御所2組のそろい踏み 35年ぶりの奇跡は起きるか
2018年12月12日 21時20分 [芸能ニュース]

お笑い新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る