男と女の官能事件簿 元不倫相手に「ワラ人形」を送りつけた中年ストーカー男

社会 2010年02月17日 15時30分

 交際していた相手から別れ話を持ち出され、それを恨んで犯行に及ぶというのは、よくあるパターンだ。

 静岡県浜北市に住む家具職人、白石正昭(56)は2003年秋頃、市内のスポーツクラブで会社員の女性(35)と知り合いになり、交際するようになる。白石は妻子がいる身であり、よくある不倫関係であった。
 その後、しばらくは関係が続いていたものの、不倫はどこまで行っても不倫である。いつまでも続くわけではない。2人が出会ってから半年ほど経った2004年3月頃、女性のほうから別れ話を切り出された。
 「別れたいだと。ふざけるな!」
 女性からの申し出に、白石は激怒。「オレは別れないぞ!」などと、女性に詰め寄った。
 だが、すでに白石には嫌気が差していた女性は完全に拒絶。すると、逆上した白石は女性宅に押しかけ、こともあろうにナイフを手にして彼女を脅した。
 これには女性もたまらず、警察に通報。白石は銃刀法違反に問われ、罰金を払うよう略式命令を受けてしまう。

 普通はこれで懲りるものだが、白石はよほど不服だったのか、女性に対する新たないやがらせを実行した。
 2004年7月半ば頃、女性の自宅に白石から宅配便が届けられた。かなり大きなものだったため不審に思いながら、彼女は包みを開けてみた。
 そして、その中から現われた品物を見たとたんに、まさに背筋が凍りつく思いだった。
 荷物の中身は、手作りの「ワラ人形」だった。それも、「丑の刻参り」などで見かけるような小さいものではなく、40センチ以上もある巨大なものだった。しかも、家具職人である白石によって作られたものだったので、細部までかなり精巧に仕上げられていた。
 その胴体には女性の氏名とともに、「祟り」「怨念」などと書かれた紙が貼り付けられ、五寸釘が打ち付けられていた。しかも、血が滴っているかのように、赤い絵の具まで塗りつけられている代物だった。
 加えて、その後白石は女性に対して数十回にもわたって無言電話を繰り返してつきまとったために、2005年1月にストーカー規制法違反などによって警察に逮捕された。
 無言電話も迷惑に違いなかったが、何よりリアルに作られたワラ人形が不気味であったことは、捜査を担当した警察官ですら「ゾッとした」といわれている。(了)

ピックアップ
2億円の趣味を公開した草なぎ剛の気になる懐具合

2億円の趣味を公開した草なぎ剛の気になる懐具合
2019年12月07日 17時00分 [芸能ニュース]

ようやく新たな方向性が決まった舞祭組の4人

ようやく新たな方向性が決まった舞祭組の4人
2019年12月07日 14時00分 [芸能ニュース]

社会新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る