search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 【放送事故伝説】1月1日のお正月、メインキャラクターが死亡したテレビドラマ

【放送事故伝説】1月1日のお正月、メインキャラクターが死亡したテレビドラマ

pic pic

画像はイメージです

 昭和時代。お正月のテレビでは、今のような長時間の特別番組はあまり放送されておらず、休まずに通常のレギュラー番組を放送することも多かった。特に子供向けのアニメや特撮番組は、視聴率も良かったことから年末年始は、ほとんど休むことなく放送されていた。

 さて、1972〜1973年に放送された特撮ドラマ『ワイルド7』(制作:国際放映)は漫画家・望月三起也氏の同名漫画作品をもとにした本格的なアクションドラマとして制作され当時、子供たちに絶大な人気を得ていた。

 この『ワイルド7』も人気番組の宿命ゆえ、前述の例と同様、1月1日も休まずに放送されていた。ただ、この日放送されたエピソードは、おめでたいお正月にとても似合わないタイトルだった。一部のテレビマニアの間では今も語り草になっている。

 それは1973年1月1日の第13話だった。「両国死す!!」はそのタイトル通り、ワイルド7の味方メンバーである「両国」が敵から銃撃に遭い死亡するという、お正月にまったくふさわしくない、物騒なエピソードだった。

 「編成も少しは時期を考えればいいのに…」と思わずツッコミを入れてしまいそうになるが、これにはやむを得ない事情があった。

 実は両国を演じていた役者が放送期間中に突然、番組を降板してしまったのだ。「7人の元犯罪者の白バイ隊員」という『ワイルド7』の設定上、両国が殉職するエピソードをどうしても作らなければいけなかった。既に両国役のキャストは降板してしたため、両国の殉職シーンを別人が吹き替え、冒頭で顔を見せぬまま敵の凶弾に倒れた。しっかり制作すれば盛り上がるであろうエピソードをなんとも中途半端に描いてしまったのだ。

 今となっては、思わず笑えるエピソードではあるが、当時『ワイルド7』を楽しみにしていた子供たちは「(ある意味)トラウマになった」と振り返っている。

文:穂積昭雪(山口敏太郎事務所)

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ