search
とじる
トップ > 社会 > 大阪区検の副検事が女子高生のスカート内盗撮狙うも電池切れ

大阪区検の副検事が女子高生のスカート内盗撮狙うも電池切れ

 大阪府警浪速署は6月13日、女子高生のスカート内を盗撮しようとしたとして、大阪区検の男性副検事(41=同府枚方市禁野本町)を、府迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで大阪区検に書類送検した。

 送検容疑は、5月24日午後2時35分頃、大阪市浪速区の商業施設内で、ショルダーバッグの外側ポケットに隠したビデオカメラを、女子高生のスカート内に差し向けて、下着を盗撮しようとした疑い。

 同署によると、事件当日、副検事は休日だった。売り場の店員が不審な行動に気付き、同署に通報し、身柄を確保された。

 あいにく、バッテリーが切れていたため、この女子高生の動画は撮影できていなかった。だが、押収されたカメラからは、複数の女性の下着が撮られた動画が見つかったため、副検事は言い逃れできなかった。

 副検事は、その動機について、「ストレスがあった」と供述し、複数の女性のスカート内を盗撮したことを認めた。同署では容疑を認めたため、逮捕を見送った。

 大阪地検の北川健太郎次席検事は「誠に遺憾。適正に捜査した上で厳正に対処する」とのコメントを発表した。

 ストレスがあったら、なぜ盗撮行為に及んでしまうのかは理解不能だが、社会的立場ある副検事がこんなハレンチなことをやっていては、区検の信頼も損なわれる。常習性も疑われ、厳しい処分を受けてもいたしかたないだろう。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ