search
とじる
トップ > アイドル > 嵐メンバー、滝沢秀明の引退に「仕事もしたいし、1回会いたい」 以前は確執も?

嵐メンバー、滝沢秀明の引退に「仕事もしたいし、1回会いたい」 以前は確執も?

pic pic

画像はイメージです

 29日、『VS嵐』(フジテレビ系)が放送され、嵐のメンバーが、年内で芸能活動を引退する滝沢秀明について言及した。

 この日は、タレントのヒロミやお笑いコンビのNON STYLEをゲストとして迎えたのだが、滝沢との共演経験も多いヒロミが「びっくりしましたよ。発表の少し前に連絡がきました。だけど滝沢っぽいなと思った」と滝沢の引退について語ると、松本潤が「寂しさもあります。ずっと一緒にやっていたから、そんな日が来るとも思っていなかったし…」と素直な気持ちを吐露。引退を発表してから滝沢とは一度も会っていないそうで、「仕事もしたいし、1回会いたい」と語っていた。

 同じく二宮和也も「会いたいけど会えない、ツチノコみたい」と照れ隠しのように寂し気な想いを語っていたが、NON STYLEの井上裕介に「いや、ツチノコみたいやったらもう会われへん」と突っ込まれる場面も。スタジオは笑いに包まれたが、嵐のメンバーのどこか寂しそうな様子も伝わってきた。

 「松本さんと滝沢さんは特に絆が強いようです。Jr.時代、滝沢さんにとって松本さんは手のかかる問題児。当時、松本さんは人の言うことを聞かないヤンチャな少年だったようで、滝沢さんはそんな松本さんに芸能人としてやっていくための礼儀などを教え込みました。松本さんによると、コンサートの演出のノウハウは滝沢さんから学んだそうで、嵐のコンサートでは率先してダメ出しをし、より磨きをかけようとリーダーシップを発揮しているそうです」(芸能記者)

 「また、櫻井翔さんとは不仲説がささやかれていましたが、バラエティ番組で共演した際に、V6の三宅健さんの提案でキスをして不仲説を払拭しました。もともと仲が悪かったわけではなく、櫻井さんがJr.時代からリーダーシップを発揮する滝沢さんをどこか違う世界の人というような目線で見ていて、なんとなく距離が離れていってしまったみたいですね。しかし、自身より先にデビューした嵐のことを滝沢さんは心から応援していて、他のデビューしていないメンバーが素直に応援できていないのを見て、『気持ちよく送り出そう』となだめたほど。深い絆があるのでしょう」(前出・同)

 滝沢は引退するが、それぞれの道でそれぞれ頑張っていくことだろう。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ