search
とじる
トップ > トレンド > レピッシュ・マグミの「音楽玉手箱」今週はこの1枚を聞け!<第147回>

レピッシュ・マグミの「音楽玉手箱」今週はこの1枚を聞け!<第147回>

 毎週金曜日に連載するレピッシュのマグミによるオススメCDを紹介する企画の第147回目。マグミがDJの際にいつも持ち歩く音楽玉手箱」(CDボックス)から、今週のオススメCDをピックアップしてもらった。

◇今週のこの1枚◇アトミック・スウィング「A Car Crash in the Blue」(1993年/Sonet Grammofon AB)

 昔からちょいと忘れた頃にスウェーデンのブームがやって来て、昔だとABBAとか、あと知ってるバンドだとカーディガンズとか、最近もちょこちょこと耳にするバンドはいますが、特に昔のバンドだとdance色が強かったのですが、このアトミック・スウィングが初めてざっくりとしたrockバンドで、世界的にも話題になったバンドでしょう。

 スウェーデンでは、彗星のごとく現れてシングルを出すや、すぐレディオチャートでNo.1を獲得し、一発屋と思われていたのですが、次のシングルも大ヒットし、それが話題となり、ヨーロッパのMTVでもへヴィーローテーションされました。そんな期待の中、発表されたのがこのデビューアルバムです。このアルバムは、10日間で制作されており、曲が良ければ、多少、荒っぽくてもその方が勢いが出ると、ライブをやるのと同じようにレコーディングされたみたいです。確かに、楽曲に勢いがあり、また、種類も豊富です。ボーカル、ギターの二クラス・フリスクの愁いのある低音がさらに魅力を増大させています。あと、このようなアルバムで1stアルバムであるということを考えると、テクニックも相当ありますね。

 4年の間に3枚のアルバムを残して、1997年の日本公演をもって一旦解散します。それから、個々にソロワークに移ります。ニクラスはカーディガンズのボーカルであるニーナ・パーションのソロプロジェクト、ア・キャンプに参加したり、元スマッシング・パンプキンズのジェームス・イハらと共にヴァネッサ&ジ・オーズでも活動しました。その後、2006年に再結成をし、アルバム「The Broken Habanas」を発表後、ヨーロッパのフェス等に出演し、また現在は個々の活動に戻っているらしいです。

 最近ではスウェーデンでもrockバンドの噂をちらほらと耳にするので、間違いなくアトミック・スウィングの功績と影響力は強いでしょうね。

■マグミ オフィシャルウェブサイト http://magumi.jp/main.html
■ライブ日程はこちら http://npn.co.jp/newsrelease/detail/2491382/

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ