search
とじる
トップ > トレンド > レピッシュ・マグミの「音楽玉手箱」今週はこの1枚を聞け!<第144回>

レピッシュ・マグミの「音楽玉手箱」今週はこの1枚を聞け!<第144回>

 毎週金曜日に連載するレピッシュのマグミによるオススメCDを紹介する企画の第144回目。マグミがDJの際にいつも持ち歩く音楽玉手箱」(CDボックス)から、今週のオススメCDをピックアップしてもらった。

◇今週のこの1枚◇チック・チック・チック「Thr!!!er」(2013年/Warp Records)

 “!!!”これでチック・チック・チックと読みます。元々、funkなdanceバンドで、その中にpunkの要素を含んでいます。この表現だとレッチリを連想しますが、もっとfunk寄りですね。しかし、danceバンドであっても、ライブでのオーディエンスは、ダイビングの嵐で、サウンドからは想像もできないような盛り上がり方をしています。

 5枚目のフルアルバムですが、前回からメンバーチェンジが行われたみたいです。今回もベースのラファエル・コーエンが参加しての初めてのアルバムらしいです。今までは、数時間をかけてのジャムを基盤にした構築から曲を作っていたのですが、今回は、ニック・オファー(Vo)、マリオ・アンドレオーニ(G,Percussion)、ラファエル・コーエンの3人で作ってからスタジオに持って行くというスタイルに変えました。そのせいでしょうか、非常に各曲がpopでメロディアスですね。アルバムタイトルも「スリラー」と読みますが、色々な音楽の中でドキドキワクワクすることを“スリラー”と言うらしく、このアルバムでチック・チック・チックの“スリラー”を作りたいと、タイトルにしました。

 前回のアルバムから“ミニマル・テクノ”の手法を採り入れて作ったらしいのですが、今回もその影響下にあるみたいです。スッキリした音数の少ない中、効果的にキーボードの音などが入っており、自分の聴いた感じのイメージだと、new waveのテクノ系の匂いに近いですかね。

 日本では、アメリカと違ってオーディエンスがどのような反応でライブを観るのか分かりませんが、このサウンドで踊り狂ってる様を観てみたいですね。

■マグミ オフィシャルウェブサイト http://magumi.jp/main.html
■ライブ日程はこちら http://npn.co.jp/newsrelease/detail/2491382/

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ