search
とじる
トップ > トレンド > 【今行く映画館】住めば身体に特別な感覚が…。“死なない家”に住む人を追うドキュメンタリー。『死なない子供、荒川修作』

【今行く映画館】住めば身体に特別な感覚が…。“死なない家”に住む人を追うドキュメンタリー。『死なない子供、荒川修作』

 ここに住むと「人間は死ななくなる」という荒川建造のテーマパーク“三鷹天命反転住宅”を通し、そこで生活する人々の身体的変化、そこで生まれ育った子どもの記録映像を織り交ぜながら、荒川の全活動に迫っていくドキュメンタリー。

 監督は自身が4年に及ぶ三鷹天命反転住宅の住人でもあり、特異な映像世界で海外映画祭の評価も高い山岡信貴。音楽はやくしまるえつこ率いるバンド“相対性理論”とのコラボレーションも記憶に新しい渋谷慶一郎。そしてナレーションには俳優・浅野忠信。建築という概念を越えた表現を試みた芸術家・荒川修作に魅せられた、新進気鋭の若いクリエーターたちが集結した。

(ストーリー)
 1960年代に芸術家として活躍し、その後、コーデノロジスト(哲学、芸術、科学を総合し、実践する者)としてニューヨークを拠点に活動を続けていた荒川修作。今年5月にニューヨークで急逝した荒川が、生涯をかけて貫き通した、衝撃の生命論に迫る。

『死なない子供、荒川修作』
渋谷シアター・イメージフォーラムにてモーニング&レイトショー公開中
監督:山岡信貴
出演:荒川修作/佐治晴夫
ナレーション:浅野忠信
音楽:渋谷慶一郎
(C) 2010rtapikcar Inc.
配給:アルゴ・ピクチャーズ

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ