search
とじる
トップ > 芸能ニュース > デキ婚の黒木メイサに愛想を尽かした堀北真希

デキ婚の黒木メイサに愛想を尽かした堀北真希

 NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の収録で多忙な日々を送る女優の堀北真希だが、最近、取材を受けた際の評判が良くないという。

 「疲れ切っているためか、ぶっきらぼうな物言いで『はい』と『いいえ』しか答えないことが多いという。いままではひとつひとつの質問に対して丁寧に答える優等生キャラだったが、まるで人が変わったかのような態度」(芸能記者)

 堀北の事務所といえば、らつ腕女性社長が徹底的に所属タレントを管理することで知られ、「マンションを借り上げた寮に未成年のタレントとマネージャーを共同生活させ“悪い虫”がつかないようにしている」(同)というが、そんな管理体制をあざ笑うかのように女優の黒木メイサは夜遊び三昧で、ついには元KAT-TUNの赤西仁とデキちゃった結婚。そのため、堀北が黒木に対して愛想を尽かしてしまったことを発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。

 同誌によると、堀北は黒木と寮で共同生活していた際、黒木の食生活を気にして煮魚を作ってあげたり、夜遊びしたがるメイサに「今は仕事でしょ」とさとしたりするなど、以前はかなり仲が良かったという。しかし、黒木の遊びっぷりに堀北が愛想を尽かし、徐々に口もきかなくなってしまったというのだ。

 そんな状況にもかかわらず、黒木のデキ婚により、その穴埋めのために堀北は仕事を増やされ相当ストレスが溜まっており、堀北の親から事務所の社長に「事務所の不祥事で娘がしんどくなるのはおいかしいんじゃないか」とクレームが入ったという情報もあるというだけに、このままだとそのうち堀北の怒りが爆発しそうだが、事務所としてはそんな堀北の気持ちをよそに、1日も早く黒木に復帰してほしいに違いない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ