search
とじる
トップ > 芸能ネタ > NHKも取り上げた清水富美加の出家問題

NHKも取り上げた清水富美加の出家問題

 宗教団体「幸福の科学」に出家することを表明し渦中の女優・清水富美加だが、1日放送のNHK「クローズアップ現代+」が清水の父親のコメントを紹介した。

 同番組では清水の騒動を例に、芸能事務所とタレントの契約について特集が組まれ、爆笑問題らが所属するタイタンの太田光代社長らが出演。そして、同番組に対して清水の父親が寄せたコメントが紹介された。

 清水の父親は契約解除など一連の報道について、「(娘が)自分ばかりが悪いように一方的に報じられていることに、強い衝撃を受けていました。ドクターストップがかかってしまったのが事実なのに、それがまったく考慮されない報道は、不公平ですし、一方的に娘だけが批判されるのは、本当にかわいそうだと思います」と文書で回答。

 また、現在の状態について「夜も眠れないようで、自宅で休んでいます」と説明。コメントの文面には、父親から見て清水が心身の状態を崩した時期について、「2010年頃から自傷行為がありました。特に激しくなったのは2015年頃からだったと思います」などとつづられていた。

 「過酷な残業により電通社員が自殺したことが発端となり、各企業の労働環境に注目が集まっているが、清水の問題が発端となり、芸能界の労働環境に注目が集まっている。ほとんどの芸能プロは社員のサービス残業なしでは成り立たない仕事量で、芸能人も売れないうちは薄給で使われている場合が多いが、清水の“告発”はかなり説得力があるだけに、NHKも番組のテーマとして取り上げるに至ったのだろう」(芸能記者)

 清水の所属事務所「レプロエンタテインメント」は創立25周年記念プロジェクトとして演芸の聖地・浅草に「浅草九劇」を設立し3日に開業したが、まだ解決していない清水の問題が山積みだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ