貴乃花部屋所属力士の移籍が正式決定 そのデメリットは?

スポーツ 2018年10月02日 17時30分

貴乃花部屋所属力士の移籍が正式決定 そのデメリットは?貴乃花親方

 日本相撲協会の臨時理事会(1日/東京・両国国技館)により正式決定された、貴乃花部屋所属力士の千賀ノ浦部屋への移籍。前稿ではそのメリットについて触れていったが、本稿ではデメリットについても考えていきたい。

 筆者が想定するデメリットは、メリットと同じく3点ある。それは「移籍組のモチベーション低下」、「指導方針の違い」、「長引く報道がもたらすリスク」だ。

 ますは「移籍組のモチベーション低下」から。角界に身を置く力士たちにとって、師匠の存在は一種のモチベーションともなっている。今回移籍となった貴乃花部屋の力士たちも、「師匠のために」という気持ちを胸に、これまで厳しい稽古に励んできたことだろう。

 しかし、今回の一件により、それまで各々を様々な形で奮い立たせてくれた貴乃花親方は目の前から去ってしまった。その喪失感の大きさ次第では、今後の稽古に今一つ身が入らなくなり、本場所で結果が残せなくなることにも繋がりかねない。

 次に「指導方針の違い」について。移籍組にとって新たな師匠となる千賀ノ浦親方は、元々貴乃花部屋の部屋付き親方でもある。ただ、だからといってその指導方針の全てが貴乃花親方と同じという訳でもない。似ているようで違う“色”に順応するまで、各力士はそれなりの苦労を強いられることになるかもしれない。

 最後は「長引く報道がもたらすリスク」について。前述の通りに“一応の”決着を見た本件だが、今後もしばらくは稽古場周りに各メディアの取材陣が押し寄せ、あれやこれやと報道を続けていくことになるだろう。こうした周囲の喧騒が、移籍組・在籍組を問わず各力士の精神や集中力を乱し、怪我や体調不良といった無用なリスクを招く可能性は否定できない。

 以上が、今回の移籍で考えられる3つのデメリットである。貴乃花部屋の力士たちは本日2日にも千賀ノ浦部屋へ移るとのことだが、前述した懸念事項がこの先1つももたらされないことを切に願いたいところだ。

文 / 柴田雅人

ピックアップ
新作の製作がかなり厳しいビートたけし

新作の製作がかなり厳しいビートたけし
2019年10月14日 23時00分 [芸能ニュース]

スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る