片や先勝、片やタイ CSファイナルがセ・パ同時に開幕

スポーツ 2018年10月18日 17時15分

 17日、セ・パ同時にその幕を開けたクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ。セ・リーグでは1位広島と3位巨人が、そしてパ・リーグでは1位埼玉西武と2位ソフトバンクがそれぞれ激突した。

 今シーズン巨人を「17勝7敗1分」、ホームでは「10勝2敗1分」と“お得意様”にしている広島は、相性そのままに1回裏に1点を先制。また、4回裏には怪我により昨年のポストシーズンを棒に振った鈴木誠也に2ラン、7回裏にはリーグ2位の39本塁打を放った丸佳浩にソロが飛び出すなどし、合計6点を奪取した。

 投手陣も今シーズン最多勝(15勝、巨人・菅野智之とタイ)の先発・大瀬良大地が6回1失点と試合を作ると、後を受けた一岡竜司、へロニモ・フランスア、中崎翔太が無失点リレー。大事な初戦をスコア「6‐1」で制し、幸先よく白星スタートを切った。

 一方のパ・リーグは、“下剋上”を目論む2位ソフトバンクが奮起。埼玉西武の先発・菊池雄星に対し、1回表から柳田悠岐のタイムリーで先取点を奪うと、逆転されて迎えた4回表には川島慶三(2点タイムリー)、上林誠知(2点スリーベース)、ユリスベル・グラシアルの3連打で一挙5得点。さらに、6回表に1点、7回表に3点を加えるなど、相手のお株を奪うような猛攻を披露した。

 野手陣の援護射撃を受けた先発のリック・バンデンハークは、4回裏に栗山巧、6回裏には山川穂高にソロを浴びつつも、なんとか6回4失点でリードを死守。7回からは武田翔太、嘉弥真新也、加治屋蓮とつなぐと、最後はセーブ王の森唯斗が締め「10‐4」で勝利。2年連続の日本シリーズ進出に向け、まずは星を五分に戻した。

 片や先勝、片やタイとそれぞれ異なる展開を見せた第1戦。セ・パ両方にCSが採用された2007年から昨年までの初戦勝利チームの内、セでは11チーム中6チーム(54.5%)、パでは11チーム中10チーム(90.9%)がその後ファイナルを突破しているが、今後の戦績はどのように推移していくことになるのだろうか。

文 / 柴田雅人

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る