競輪人国記 香川(3)

ノンジャンル 2009年09月15日 15時00分

 松川周次郎はひたすら先行一本だったが、引退は昭和51年と意外に早かった。この松川が悔しそうに語ったことがある。川崎・桜花賞の特選で先頭引きを指示されたことだ。「地元の高原永伍相手に先行しようと思っていたが、6番車に入れられ泣く泣く先頭を引いた」。

 今なら全レース先頭固定だから松川はぶんぶん先行できたはず。当時は先頭固定が1日2レースだけという規則があった。「これから売り出そうと思っていたのに…。出鼻をくじかれたよ」という話を、花月園に出場したときに聞いた。
 松川の姉・光子は女子の競輪選手だったが、男勝りの性格。弟の周次郎はシャイだった。光子は昭和37年の高松宮妃賜杯を優勝している。

 清水浩、治、茂の3兄弟は穴ファンには狙い目の選手だった。ともに地脚のある先行まくりで本命ラインをつぶした。「ハイセイコー」と言われた岩崎誠一(青森・31期)が初めてA級戦の川崎に出走したとき、特選で清水浩の先行ペースにはまってまくれず、4着に敗退したことがある。地元高松の全プロ1000メートルを優勝した実力者で、当然といえば当然の結果だった。時はハイセイコー・ブームだっただけに、満員だった川崎のファンは度肝を抜かれた。
 三好章仁(43期)はマーク屋で頑張った。平成2年の宇都宮オールスターでは同期の滝沢正光(千葉)の後ろを死守して2着。(5)(5)で2850円の好配当を出している。中野浩一(福岡)坂本勉(青森)山口健治(東京)らを相手の2着は三好のファイターぶりを示している。

ピックアップ
ノンジャンル新着記事

【話題の1冊】著者インタビュー 唐澤貴洋 炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか 日本実業出版社 1,400円(本体価格)
2019年02月21日 16時03分

〈目からウロコの健康術〉 『放置しても安全』は全くの誤解!? 早期発見で「前立腺がん」を完治!
2019年02月21日 12時03分

“午前中決勝”の五輪競泳が視聴率確保のため『池江ドキュメント』制作に全力投球!
2019年02月20日 23時03分

本好きのリビドー(241)
2019年02月20日 16時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る