search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 滝クリを越えた秋元優里アナ その魅力を徹底分析

滝クリを越えた秋元優里アナ その魅力を徹底分析

 “伝説の斜め45度”で夜のフジの顔となった滝川クリステルが「ニュースJAPAN」を降板し、新しいくキャスターになったのが秋元優里アナだ。ただ、起用当初は「秋元優里って誰?」との声が多く、華やかなフジテレビのアナウンサーの中では地味な存在であった。しかし、今、秋元アナは滝クリ以上の人気モノになり、存在感を増している。

 「成功したのは、番組をあげて、前任者のイメージを排除したこと」と話すのはスポーツ紙記者。「座り姿の多かった滝クリに比べ、秋元アナは立ち姿もある。これが彼女の美脚に脚光を浴びさせることになったのです」。また、秋元アナの武器は“美脚”だけではない。「彼女は巨乳としても有名。アナウンス室では“オッパイ番長”なんてニックネームもあるそうです。“美脚”“巨乳”とボディは超一級品。決して派手ではない顔立ちとこのボディのギャップが魅力ですね」(スポーツ紙記者)

 ただ、彼女の魅力はそのカラダだけではないと話すのはテレビ局関係者。「彼女は本格的な報道志望で仕事に対して本当にマジメです。それは積極的に外に出て取材しようとする姿にあらわれていますね。女子アナに対する幻想として、“自分の近くにもいるはずの女性会社員”というものがあると思いますが、世間のおじ様たちは、仕事に対してマジメな印象を受ける彼女にイチコロとなったのでしょう」。

 また、先月、初のスキャンダル報道もあったが、お相手はNHKのアナウンサーだった。「プロ野球選手やIT社長ではなく、同じ会社員ってのも好感度アップですね。ただお相手のNHKアナウンサーは丸井の創業者の孫なんですけどね」(テレビ局関係者)。

 派手なアナウンサーが多いフジでは、仕事に対してマジメさがうかがえる彼女は非常に珍しい存在。もはや“夜の顔”のタイトルは獲得した秋元アナだが、今後さらに“フジの顔”になれるのか? 期待を込めて見守りたい。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ