search
とじる
トップ > トレンド > 妻夫木聡と松山ケンイチの映画舞台挨拶に、大物ミュージシャン・奥田民生が登場

妻夫木聡と松山ケンイチの映画舞台挨拶に、大物ミュージシャン・奥田民生が登場

 1960年代後半を舞台に、革命家と称した学生活動家の青年に不思議な親近感を覚えた若い記者が、彼らの起こした凄惨な事件に巻き込まれていく…。作家でジャーナリストの川本三郎氏が青年時代に経験した日々をつづったノンフィクション作品の映画化『マイ・バック・ページ』(山下敦弘監督、5月28日(土)公開予定)。その完成披露試写会が13日に東京大手町の日経ホールで行われ、主演した妻夫木聡と松山ケンイチ、山下敦弘監督が登壇。さらに特別ゲストとして思いもがけない大物ミュージシャンも登場し、会場が一気にどよめいた。

 意外にもこの作品が初共演だという妻夫木聡と松山ケンイチだが、同じ事務所に所属する先輩と後輩だけあって息もぴったりだ。妻夫木が9年前に初めて松山を見たときは「階段の隅で体育座りをしているような」内気な少年だったとし、若者向けの陽気な学園映画とかではなく、双方がキャリアを積んで今作のような作品で松山と共演できた事が嬉しいと語った。

 落ち着いたコメントで場を和ませる妻夫木に対し、満員の観客を前に尊敬する先輩の横で少々テンパり気味の松山は、「今でも体育座りはよくしてます…」「“普通”を演じさせたら妻夫木さんに勝てる人はいない」などコメントがやや迷走。何を話すにも内容がまとまらず、妻夫木が今回の撮影で信頼し、心の支えになったものは監督と答えた直後に、「僕もまったく同じです」と小学生のような素直さで答える松山に会場から笑いが起こった。すると、「彼(松山)は一生懸命です」と、妻夫木が兄のようにやさしくフォローする場面も。二人は映画のストーリー同様に不思議な親近感に包まれていた。

 舞台挨拶後半に、主題歌「My Back Page」(キューンレコード)を歌う奥田民生と真心ブラザーズが壇上に現れ、大物ミュージシャンの登場に会場は一気にヒートアップ。作品タイトルにもなっているボブ・ディランの名曲「My Back Page」を、真心ブラザーズ(桜井秀俊、倉持陽一:YO-KING)の二人と初コラボでカヴァーした奥田は、「自分の曲じゃないんで」と気楽に歌った事を告白。イージーライダーそのもののユニークな人柄の奥田は、試写を見て全共闘運動を題材にしたシリアスな映画のラストに自分の歌声が流れる事を、「最後オレかよ!」と複雑な心境になった事も明かした。

 映画『マイ・バック・ページ』は5月28日より全国公開。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ