彼らは歴史の証言者 阪神・鳥谷敬の“連続出場開始試合”に立ち会った3人の現役選手たち

スポーツ 2018年05月31日 06時30分

彼らは歴史の証言者 阪神・鳥谷敬の“連続出場開始試合”に立ち会った3人の現役選手たち画像はイメージです

 29日に行われた阪神対ソフトバンクの一戦。セ・パ交流戦の開幕ゲームとなったこの試合をもって、阪神・鳥谷敬がこれまで継続してきた「1939試合連続出場」という記録にピリオドが打たれた。

 プロ15年目を迎えた今シーズン、ここまで打率.143(試合前まで)と深刻な打撃不振に苦しんでいた鳥谷。最近は代打での出場により、辛うじて記録が継続されている状況だった。しかし、迎えた今回の試合、ゲームセットの瞬間までその名前が球場にコールされることは無かった。

 歴代1位の故・衣笠祥雄氏(2215試合)に次ぐ、歴代2位の記録となった鳥谷の偉業。その歩みが止まったことは惜しむべきことだが、今後の鳥谷がこれを契機として、また、新たなる一歩を踏み出してくれることを願うばかりだ。

 ところで、今回終止符が打たれる形となった鳥谷の記録だが、連続試合出場が始まった2004年9月9日のヤクルト戦からは約14年が経過している。当然、この試合に出場していた選手の多くは既にユニフォームを脱いでいるのだが、今なお現役生活を続けている選手も3人いる。

 1人目の選手は、この試合に中継ぎとして登板した藤川球児。この年から本格的に中継ぎ転向した藤川は、その後、最優秀中継ぎを2回(2005年・2006年)、最多セーブを2回(2007年・2011年)獲得するなど日本を代表する好投手となった。

 2人目の選手は、この試合に先発登板していた雄平。現在、ヤクルトの主力打者として活躍しているこの選手だが、当時はまだ野手転向前(2009年シーズン終了後に転向)で、しかも、その登録名も「高井雄平」と現在とは異なっている。

 最後に紹介するのは、ヤクルトの3番手としてマウンドに上がった五十嵐亮太(現ソフトバンク)。MAX158km(当時のプロ野球記録)の速球を武器に、この年の五十嵐は最多セーブ(当時は最優秀救援)のタイトルを獲得している。

 鳥谷が積み上げた1939試合の、1試合目に立ち会っていた上記の3選手たち。その記録の幕切れは、彼らの目にはどう映ったのだろうか。

文 / 柴田雅人

ピックアップ

今後に大きな不安も?14日の死球以降ノーヒットが続く巨人・岡本和真
2018年09月19日 06時15分 [スポーツ]

スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る