ジャニーズ事務所元社員が指摘するSMAP分裂・解散騒動の余波

芸能ネタ 2016年02月01日 12時14分

ジャニーズ事務所元社員が指摘するSMAP分裂・解散騒動の余波

 メンバー5人が番組で生謝罪し、女性チーフマネージャー・I氏が退社することで収束した、ジャニーズ事務所の人気グループ・SMAPの分裂・解散騒動だが、発売中の「週刊現代」(講談社)でジャニーズ事務所の元社員が騒動の背景について語っている。

 同誌によると、元社員は「今の報じられ方では可哀想すぎます」とI氏に同情。I氏とメリー喜多川副社長の対立が今回の騒動にあることはすでに各メディアで報じられているが、メリー氏が昨年2月発売の「週刊文春」(文芸春秋)誌上で自身の娘である同社の藤島ジュリー副社長を「次期社長はジュリー」と指名したころからパワーバランスが変化。

 娘が社長の座に就いた時、I氏が社長以上の存在になることをメリー氏は危惧。I氏はSMAPを連れての独立計画を進めたが、結局、キムタクこと木村拓哉の“裏切り”もあり頓挫。メリー氏にとっては“目の上のたんこぶ”のような存在だったI氏が退社に追い込まれたという。 元社員は「(I氏が)抜けた影響力は甚大」、「何より、肝心のタレントがジュリー体制に付いて行かないでしょう」と古巣の行く先を憂慮しているというのだ。

 「らつ腕のI氏だからこそ、SMAPが難しそうなオファーでも受けていた部分もあった。I氏の後任者ではI氏が窓口なら通った仕事も通らなくなりそうで、業界内で“I氏ロス”が広がりそう。そうなると、SMAPへの全体的なオファーが減りそう」(芸能記者)

 また、同誌はI氏とともに独立を決めながら結局、残留した中居正広の近況を報道。生謝罪から2日後の先月20日、中居は関係者とともに都内の飲食店を訪れた際、「ところでさ、メリーって何なの?」、「日本人なのに、メリーって」、「日本人なんだからさ」などと、メリー氏を茶化していたというのだが…。

 「メリー氏への溜まりに溜まった不満はあるだろうが、口にしたらどこから漏れるか分からないので、せいぜい、名前を茶化すぐらいでとどめているのでは」(同)

 SMAPとジャニーズの契約は今年9月まで。“秋の乱”が巻き起こるかもしれない。

ピックアップ
芸能ネタ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る