search
とじる
トップ > 社会 > 電車内で尻触った相手の女性は警察官だった!

電車内で尻触った相手の女性は警察官だった!

 大阪府警天王寺署は10月17日、JR関西線の電車内で女性の尻を触ったとして、府迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで、会社員・仲村秀樹容疑者(48=奈良県奈良市大森町)を現行犯逮捕した。仲村容疑者は容疑を認めている。被害を受けた女性は府警捜査共助課の警部補(40)で、出勤途中だった。

 逮捕容疑は17日午前8時4分頃〜8時11分頃、JR関西本線の快速電車が久宝寺〜天王寺駅間を走行していた車内で、女性の尻を手で触った疑い。

 同署によると、女性は久宝寺駅で各駅停車から快速電車に乗り換えた。車内は朝の通勤ラッシュで、身動きが取れない状態だった。仲村容疑者は女性が乗車後、次の停車駅の天王寺駅まで、ズボンの上から約7分間、継続的に尻を触った。

 電車が天王寺駅に到着し、多くの乗客が下車すると、女性は後ろを振り向いて、仲村容疑者の腕をつかんで捕獲。「やめなさい。私は警察官です。一緒に降りなさい」と注意し、仲村容疑者が痴漢行為を認めたため、現行犯で逮捕。その後、駅員に110番通報を依頼し、駆け付けた同署員に引き渡した。JR関西本線の久宝寺〜天王寺駅間は、通勤時は混雑が非常に激しいため、痴漢が多い区間だという。

 仲村容疑者は調べに「女性のお尻を触ったことに間違いありません」と容疑を認め、「女性が警察官とは知らなかった」と供述している。女性は制服ではなく私服だった。

 さすがに、痴漢行為をはたらいた相手が、よりによって、警察官だったとは思いもよらなかっただろう。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ