search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 松坂桃李、リオ五輪銅メダリスト・三宅宏実の笑顔に柔らかさを発見!

松坂桃李、リオ五輪銅メダリスト・三宅宏実の笑顔に柔らかさを発見!

 俳優の松坂桃李が8日、都内で行われた日本歯科医師会主催「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2016」授賞式に出席。同賞の著名人部門を受賞し、「小さい頃、笑顔が母親に似ていると言われてなんか嫌だなと思っていたんですが、今、こうしてこういう賞をもらえるのは母のおかげ。両親に感謝です」と笑顔を見せた。

 受賞後、今年一番の笑顔はいつだったかと問われた松坂は、今夏に高岡早紀と共演した舞台「娼年」の千秋楽を挙げ、「終わったら、自然と笑みがこみあげた。やりきった感のようなものがあった」とコメント。「自分の中では『挑戦だ!』と思っていた作品。その作品でスタッフ、キャスト全員が全力で走っていけて、終わった時にお客さんに『ありがとう』と言った時は本当によかった」としみじみ。

 この日は同賞をリオ五輪銅メダリスト・三宅宏実(ウェイトリフティング)も受賞したが、三宅も、「夢にも思わなかった賞。嬉しい」と笑みを零し、今年一番の笑顔については「やっぱりリオ。崖っぷちの試合もあったんですが、4年間の思いが銅メダルをとらせてくれた。嬉しかった」と感慨深げにコメント。

 松坂とはこの日が初対面だったが、「笑顔が爽やかでかっこいい」とその印象を述べ、松坂も「試合で数々の結果を残されていて力強いイメージがあるんですけど、目の前で笑顔を見ると柔らかいというか、優しいものも含まれている。強い人はそういうものを必ず持っているんだって思いました」と三宅の印象を述べていた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ