search
とじる
トップ > 芸能ネタ > あの大御所の息子だと知らない人が多い? 『あな家』でも人気上昇中、駿河太郎の経歴

あの大御所の息子だと知らない人が多い? 『あな家』でも人気上昇中、駿河太郎の経歴

pic pic

駿河太郎の公式ブログよりhttps://ameblo.jp/suruga-taro

 俳優の駿河太郎が16日、自身のブログを更新し、金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系)の撮影がクランクアップしたことを明かし、「三浦圭介を演じれて幸せでした」と感謝した。

 直木賞作家・山本文緒氏による同名長編小説が原作の同ドラマは、2組の夫婦を取り巻くほどよいドロドロ感が人気で、最終回目前の回では番組最高の平均視聴率9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。駿河は、中谷美紀演じる佐藤真弓のよき相談相手という役どころで、「役柄が合ってる」「いい演技するよな」と初回から好評だった。

 その一方で、駿河が笑福亭鶴瓶の息子だとは知らない人も多く、「駿河太郎さんが鶴瓶さんの息子さんだということを今頃知った」「駿河太郎がかっこよすぎて悶絶している。鶴瓶の息子と聞いて本当にびっくり」と驚いている人も多い様子。父の知名度の影響なく、その演技力が認められていることが伺える。

 実は、駿河は俳優になる前はミュージシャンを目指し、ロンドンで2年間の音楽留学をして、ミュージシャンとして芸能活動を開始した。俳優に転身した後は、NHKの連続テレビ小説『カーネーション』や人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)などに出演し、独特な雰囲気を醸し出す演技に定評があった。

 プライベートでは、2007年にダンサーの女性と結婚し、二児の父でもある。妻はダンススクールを経営するほどの実力の持ち主だ。

 「ドラマやCMで父子共演を果たすなど、苦労していないように見受けられる駿河さんですが、大学時代は居酒屋でバイトをし、ロンドンでもペンキ塗りの仕事をして生活費を稼いでいたと言います。俳優として芽が出てからは『ギリギリだけど役者としてメシが食えることが幸せ』と話すなど、親の援助は受けていなかったようですね」(芸能関係者)

 昔は「父にはコンプレックスを持っていた」と言う駿河だが、最近は「負けてられない」と感じられるようになったそう。

 これから期待のかかる俳優の一人であることは間違いない。

記事内の引用について
駿河太郎の公式ブログよりhttps://ameblo.jp/suruga-taro

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ