search
とじる
トップ > スポーツ > DeNA・ロペス、記録ラッシュ目前で二軍調整へ…ラミレス監督も「いいコンディションで帰ってきて欲しい」

DeNA・ロペス、記録ラッシュ目前で二軍調整へ…ラミレス監督も「いいコンディションで帰ってきて欲しい」

pic pic

ホセ・ロペス

 ベイスターズの頼れる“DeNA最強助っ人”ホセ・ロペスが26日に登録を抹消された。ラミレス監督からも絶大な信用を得る助っ人は、今まで度々あったスランプの際も一軍で復調を待っていたが、ケガ以外でのファーム行きは初めてと異例の処置だ。

 今シーズンは当初から調子が上がらず、ここまで打率.240と低迷。開幕した6月は打率.194で、7月に入り.287と上昇の気配を感じさせたが、8月は.190と再び不調に。特に勝負強い打撃が持ち味ながら、8月の得点圏打率は.188で長打率も.190、OPSは.393と信じられない数字が並んでいる。元来得意にしていたストレートをジャストミート出来ず、対左投手に打率.173、真ん中付近以外は打てず、低めを振って三振のシーンも目立っていた。バッティング面の影響か、連続無失策記録保持者ながら守備面でも精彩を欠く場面も見られ、抹消も仕方なしといったところか。

 抹消の理由をラミレス監督は「彼は先発出場して活躍できる選手。代打で途中から出るタイプではない。仮に代打で塁に出ても、足(決して速くない)のこともあるので代走を出すことになり、2人の選手を使うこととなる」と説明。「2軍で試合に出て状態を上げ、10日でベターコンディションに戻してもらえれば、また1軍のスタメンで結果を残してもらえると思う。ポジティブに捉えている」と、前向きな処置であると強調した。

 2015年からチームの中核を担い続け、練習中から笑顔を絶やさずモチベーターとしても貴重な存在のロペス。あと1試合で日米通算2000試合出場達成となり、他にもあと22本で日米通算2000本安打、更に日米通算300ホームランに18本と記録ラッシュも目前に迫っている。

 36歳になる年齢から「衰えたのか」との周囲の雑音も聞こえてくるが、ファームで指揮官の荒療治に応え、再びお立ち台で「ヤットキタ!」の名言を横浜スタジアムに轟かせて欲しいと切に願う。

取材・文・写真 / 萩原孝弘

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ