search
とじる
トップ > 芸能ニュース > NEWS手越が活動自粛、『イッテQ』の不祥事が多すぎる? 初期メンバーもいわくつきフェードアウト

NEWS手越が活動自粛、『イッテQ』の不祥事が多すぎる? 初期メンバーもいわくつきフェードアウト

pic pic

画像はイメージです

 5月26日、NEWSの手越祐也の芸能活動自粛が発表された。手越は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急事態宣言が発令中の4月下旬に、都内の飲食での飲み会をする様子が『週刊文春』(文藝春秋)に報じられ、所属のジャニーズ事務所も一部の事実を認めていた。しかし、報道後の23日にも飲み会をしていたと、ニュースサイト「文春オンライン」(同)で続報が出てしまったため、事務所が事態を重く見て、謹慎を言い渡した形だろう。

 これを受け、手越がレギュラー出演する『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)には、当面の間、出演を見合わせる。さらに一部のネット上で「『イッテQ』出演者の不祥事の多さは指摘する声もある。

 「『イッテQ』は、出演者が次々と不幸に見舞われることで知られています。初期にレギュラーを務めていたオセロは、中島知子が洗脳騒動で番組から消えてしまいました。また相方の松嶋尚美も、第二子出産と育児を名目に番組からフェードアウト。のちにコンビは解散に至っています。それからベッキーは、既婚者ミュージシャン・川谷絵音との“ゲス不倫”が“文春砲”に出て以降、番組出演が叶っていません。そして、宮川大輔による人気コーナー『世界で一番盛り上がるのは何祭り?』でラオスとタイで行われた祭りに“やらせ疑惑”が生じ、一時期企画が消えてしまったことはよく知られているでしょう。さらにロケ中に、ANZEN漫才みやぞんが骨折、フォーリンラブーのバービーがアキレス腱を断裂する事故も発生しています」(芸能ライター)

  『イッテQ』はロケ主体の番組であり事故リスクが他番組より高く、さらに人気タレントが多く出演し、長く続いていることから出演者のスキャンダルが生ずる確率もほかの番組に比べれば多いと見ることは出来るだろう。ただ、あまりにも不祥事が多すぎるのは否めない。やらせ問題を乗り越え番組は何とか存続したが、今度こそ本当のピンチを迎える可能性もありそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ