search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『24』リメイク、天海祐希よりも仲間由紀恵が選ばれた理由 前クールドラマが影響?

『24』リメイク、天海祐希よりも仲間由紀恵が選ばれた理由 前クールドラマが影響?

pic pic

天海祐希

 女優の仲間由紀恵が、10月にスタートする俳優・唐沢寿明主演のテレビ朝日系ドラマ「24 JAPAN」(放送枠未定、全24話)に出演すると、一部スポーツ紙が報じた。

 同ドラマは、世界的に大ヒットした米人気ドラマ「24」のリメイク。日本初の女性総理誕生が期待される総選挙当日の24時間が描かれ、CTU(テロ対策ユニット)の捜査官・獅堂現馬(唐沢)が、女性総理候補の暗殺計画を阻止するため、極秘任務に当たる活躍を描くことは、すでに発表済み。女性総理候補役の発表が待たれていた。

 記事によると、オファーを受けた仲間は、オリジナル版にハマっていたのだとか。唐沢とは、今年1月放送のテレビ東京系スペシャルドラマ「ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女」で初共演を果たしており、2度目の共演。連ドラでは初だという。
 「主演の唐沢も『この役は他人にやらせたくなかった』と話していたほどの大ファン。そのため、ネット上では唐沢が演じることに対して歓喜の声があがっていた。仲間もオリジナルのファンということであれば、唐沢とともにオリジナル版の世界観を踏襲しつつ、日本版ならではのオリジナリティーを見せてくれそうだ」(テレビ局関係者)

 仲間の役をめぐっては、当初、唐沢と同じ事務所の天海祐希の名前があがっていた。天海といえば、テレ朝で主演の人気シリーズ「緊急取調室」があり、同局への“貢献度”は抜群。しかし、仲間に決まったのはそれなりの理由があったようだ。
 「天海は今年1月クール、日本テレビが“打倒・ドクターX”を掲げて放送した医療ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』で主演を務めた。結局、『ドクターX』の視聴率には及ばなかったが、その一件でテレ朝上層部の機嫌を損ねてしまったようだ」(芸能記者)

 仲間にとっては“棚ぼた”だったかもしれない。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ