search
とじる
トップ > 社会 > 櫻井よしこ氏と木村太郎氏、「石油ショックと同じ」TVメディアを猛批判? 「空の棚」映像が物議

櫻井よしこ氏と木村太郎氏、「石油ショックと同じ」TVメディアを猛批判? 「空の棚」映像が物議

pic pic

画像はイメージです

 29日放送の『日曜報道 THE PRIME』(フジテレビ系)で、元NHKの木村太郎氏が、新型コロナウイルスの「外出自粛要請」によって「買い占め」を招いた件について、メディアの責任を言及した。

 番組では、西村康稔コロナ担当大臣に加え、ジャーナリストの櫻井よしこ氏、木村太郎氏が出演。新型コロナウイルス対応などについて、議論を交わす。そして、番組が実施していた「緊急事態宣言が出た場合、不安なことは?」というアンケートで、梅津弥英子アナウンサーが「物流・買い占め」が1位になったことを告げる。

 すると、櫻井氏が「物流買い占めね、みんなに声を掛けて、たくさんありますから心配いりませんよということ(を言わないといけない)。マスコミもいけないです。空っぽになったスーパーマーケットの店をね、バンバン映してね、あの映像見たら、木村さんね」と話す。

 そこで、櫻井氏が話している最中から、木村氏が「それはマスコミの責任ですよ」とツッコミを入れると、「スーパーマーケット協会が煽るの止めてくださいっていうぐらいね、マスコミは物流不安が巻き起こってます、だけどありますって言いながら空の棚映してんですよ、これが一番不安を煽る」と怒りを見せる。

 さらに、「僕はねあの石油ショックの時のね、トイレットペーパー騒動追ったんですよ。一番やっちゃいけないものは、ありますっていうこと言いながら、空の棚を映すことが最悪だってことがわかった。また、同じ事やってる」とメディアの報道姿勢について猛批判した。

 これについて、司会のフジテレビ報道解説委員・松山俊行氏は「翌日にはきちっと揃っていたという報道もありました」とコメントしていた。

 櫻井氏と木村氏の発言はネット上に拡散され、「その通りだと思う」「メディア側の人間からこういう発言が出ることは意味のあること」「空の棚を映すことが買い占めを煽っていることは間違いない」と賛同の声が上がる。

 一方で、「きちんと報道を聞いてない視聴者が悪い」「批判だけではダメ。不安を煽り続けるメディアをどう抑えるか考えてほしい」という声も出た。

 様々な声があるが、TVメディアが空の棚を映すことで、買い占めに拍車が掛かった見方は強い。それを「最悪」と斬った、櫻井氏と木村氏に同調する声が多かった。

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ