search
とじる
トップ > スポーツ > ヤクルト、トレードで先発補強に動く? ドラ1奥川の右ひじ炎症、元メジャー新コーチが骨格別に緊急調整か

ヤクルト、トレードで先発補強に動く? ドラ1奥川の右ひじ炎症、元メジャー新コーチが骨格別に緊急調整か

pic pic

画像はイメージです

 東京ヤクルトスワローズ・奥川恭伸投手(星稜)の育成プランが白紙に戻された。即戦力の可能性も秘めており、「シーズン中盤には一軍マウンド」の声も球団内部から聞こえていたが、右肘の炎症(軽度)が発覚し、新人自主トレでも「ノースロー」の別メニュー調整に陥ってしまった。

 「ノックを受けても、捕球だけ。動きそのものは軽快なんで、大事を取っているのは伝わってきますが」(スポーツ紙記者)

 この奥川を一軍マウンドに立たせることができるのかどうか、その重大な責務を課されたのが、元メジャーリーガーの斎藤隆投手コーチだ。斎藤コーチは故障から這い上がってきた経験もある。奇しくも、奥川が「捕球だけ」のノースロー調整をしていた1月19日、斎藤コーチは「第3回神奈川学童野球指導者セミナー」に講師として招かれ、「怪我防止」と「故障明けの練習」について語っていた。

 「斎藤コーチは右ヒジに計4度、メスを入れています。ヒジを故障する怖さはもちろん、なぜ、ヒジを故障してしまうのかについては十分に分かっているはず」(球界関係者)

 ヤクルトは、どういうわけか、主力投手が故障に見舞われる。歴代エースはシーズンを棒に振った経験があり、16年ドラフト1位で、「超高校級左腕」の呼び声も高かった寺島成輝も肘の故障に見舞われている。才能を持った大型左腕だが、いまだプロ未勝利である。

 「ヤクルトは寺島を故障させてしまい、高校卒のピッチャーに関しては、慎重な調整をするようになりました。例えば、プロ一年目は3月中盤まで実戦登板させないとか」(前出・同)

 斎藤コーチを招聘したのは、故障の多いチーム状況を変えたかったからだろう。その斎藤コーチは昨秋の就任当初から、こんな言葉を口にしているそうだ。「どういう骨格で、どういう特徴かを知らなければ…」と。

 故障を防ぐ万能の方法はない。その投手の骨格に応じ、各々の調整メニューを考えていかなければならないという意味だ。

 「斎藤コーチはセミナー後、自身を講師に招いてくれた外科医師と会談しています。奥川のことについて意見を伺ったそうです」(チーム関係者)

 日本中が注目する新人投手のケアを任されるなんて、その重圧は並大抵ではない。奥川の一軍デビューが先送りされたとしても、甲子園を沸かせた剛速球が失われないのであれば、ファンも納得するだろう。

 「奥川については大事に育てていくと、高津臣吾監督を始め、ヤクルト首脳陣は言っていましたが、内心は1年目からの先発ローテーション入りを期待していたフシも見受けられます。先発タイプの投手を急いで補強することになりそう」(前出・スポーツ紙記者)

 奥川に十分なリハビリ期間を与えるためにも、ヤクルトが投手補強のトレードに向けて動き始めることになりそうだ。(スポーツライター・飯山満)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ